仕事が上手くいかない原因と対策を教えてください。適職をお教えください。

メール鑑定事例

「この事例は旧鑑定方式です」

目次

ご相談内容

■お名前:直子様(仮名)
■年齢:40代前半
■性別:女性
■状況説明(ご相談内容)

最近、仕事が上手くいっておりません。一昨年、希望の業種である広告代理店の営業兼制作に転職をしたのですが、仕事も、仕事にかかわる人間関係も、全てではないものの上手くいっておりません。

これまでの職場は、かなり自由度も高く、周りの方々の許容範囲も広かった(恵まれていた)ためか、それなりに認めて頂けていた印象と充足感もあったのですが、自分のわがままと飽きっぽさ、向上心など、様々な理由から転職を繰り返してきました。

しかし、これ以上転職を繰り返したくないのと、現職の経験を積みたいため、今の職場は長く続けたいのですが、周りからの評価は無価値のごとくで、辛辣なご指摘も多々あり、反省する点はあるものの、これまでと180度異なる周りからの評価や環境に戸惑いを感じており、充足感もなく、様々な思いや疑問が生じてきております。

また、最近では自信ややる気、ものごとへの興味もなくし、周囲の顔色をうかがいながら恐る恐る仕事をし、窮屈になっている自分と、ダメだと思っていても変われない自分に嫌気が差しています。タイミングのズレや勘が外れること、創造力(頭)が働かないことも多くなったため、年齢のせいなのか、現職に向いていないのかなど、色々なことが分からなくなってきました。上手くいかない原因と対策、そして適職をお教えいただきたく存じます。

私の好きなことは…
・デザインや美しいものを見ること
・分析すること
・人と人とを繋ぐこと
・人に喜んでもらうこと

非日常的な空間、空想なので、広告代理店の営業兼制作は、あながち適職ではないこともない気がするのですが、ご意見をお聞かせください。

■ご質問
上手くいかない原因と対策を教えてください。

■ご質問
適職をお教えください。

鑑定結果

上手くいかない原因と対策をお教えください。

上手くいかない原因

視させていただくと強く伝わってくるのが、職場環境の殺伐とした感じや常に何かに追われているようなピリピリとした感じです。

この感覚が、直子様の職場の雰囲気であるなら「直子様とは合わない職場」という事になります。

直子様に合う職場環境というのは「程よいアットホームさがあり、人の温もりを感じるような環境」です。そのため、現職のように殺伐としてピリピリとした環境は、人の温もりが感じられにくく、直子様には合いません。

「自分に合わない環境」で働くと、自分らしさに蓋をするだけではなく、窮屈さを感じ心身共に辛くなりますが、「自分に合う環境」で働くと、自分の中にある可能性をどんどん発揮することができます。

直子様は合わない環境に身を置いているから、上手くいかなくなっている訳ですが、要は「価値観の合わない人が多い環境だから仕事が裏目に出てしまっている」という事になります。

言い方を換えますと…前職は、価値観の似た人に囲まれた環境だから自分の正しいと思う事をしていれば認められましたが、現職は価値観の合わない人に囲まれているから、自分が正しいと思う事をしても間違いだと言われ、どうしていいか分からなくなっている…という事になります。

まとめ
「直子様とは考え方が違う人が多い」という環境が、「認められなくなっている」「正しいと思ってした事が裏目に出るようになっている」という現状を引き起こしている根本的な原因です。

対策

現職で上手くやっていくには、自分の価値観ではなく「会社の価値観」に染まる必要があります。

「自分が正しい」と思う事をするのではなく、「この会社の人ならどう考えるか」を重視して仕事をしていかなければなりません。

会社の価値観に染まるという事は「直子様自身が今の職場に合う人間になる事」、つまりは「人情味を捨てて仕事ファースト」にならなければいけません。

例えば、顧客のニーズを聞いて「10万円でできる」という仕事であったとしても、あれこれ理由やオプションを付けて20万円に膨らます…そうやって会社の利益に重きを置く感じになります。

世の中には「10万円だと思っている仕事を9万円で受ければ、顧客は喜ぶ!そうやって顧客に喜ばれる仕事をするのが正解だ」という価値観の会社もあると思いますが、現職の会社は「10万円をいかに膨らませるか」で評価が違ってきます。

よって、現職で仕事を上手くやっていくには「人情味よりも利益優先という価値観に変えていく必要がある」という結論に至ります。

極端な言い方をすれば「もっとお金に貪欲に」そして「お金にならない仕事は有無を言わさず切る」という冷酷さが必要になります。

ですが、私としましては、直子様の人情味を失ってまで現職に染まる必要はないと感じますし、それが正しい道だとは思いません。

現職にたどり着いたのは『同じ業種でも会社が違えば、これだけ違うんだ』という事を知る社会勉強だったと割り切り、直子様の良さを評価してくれる会社に転職をした方がいいと思います。

適職とは?

適職につきましては、現職も適職の要素を含んでいますので、適職寄りの仕事をされていると思いますが、本当の適職は別になります。

具体的には、次の要素が含まれるお仕事です。

『一対一の対話を必要とするサービス業・技術職・静かで落ち着いた雰囲気のある職場環境』

直子様の適職を視た時、非常に色濃く視えている職業がありました。それは、エステティシャン、まつ毛エクステ、メイクアップアーティストのような「美容に関する技術職」です。

美容の世界に興味はございませんか?すごく色濃く視えていて、むしろこれしか視えないくらい鮮明です。

自分の技術で女性をきれいにして喜ばれている姿を想像していただきたいのですが、私には広告代理店で喜ばれるよりも強い喜びを感じていらっしゃる姿が視えます。

現職とは畑違いの為、現実的ではないかもしれませんし、今からその道に転換するのは難しいかもしれません。しかし、好きな上に得意だと思いますので、伸びしろは十分にあります。

やってできない事はないと思いますので、興味がございましたら、調べたり、体験しにいったりして、イメージを膨らませてみてくださいね。

ご感想

門次郎様
いつも大変お世話になっております。
早々にご対応いただきまして誠にありがとうございます!
鑑定結果を拝見いたしました。

すごく現実的な結果に、驚きと新鮮味を感じております。

1つ目の質問である「仕事が上手くいかない原因と対策」につきまして、原因はまさに仰る通りの状況ですし、対策のご指摘もしかり、です。同じ職場で働く、第三者の目で見ていただいたかのようなリアルな結果ですね(笑)

皆余裕がなく、殺伐としており、人や物に当たる方もちらほら..。

見ていて、とても悲しくなるのですが、スピリチュアル 的によく言われている「周囲の人は自分の映し鏡である」ということを考えますと、自分にも少なからず同じ要素があるということですし、以前の自分ならば心当たりがあるので、その点は猛省する機会を得られたと考えるようにいたします。

文頭に「合わない職場」と記載いただいておりますが、私の悩みの根幹・原因は、元を正せば、それに尽きることも分かりました。

シンプルな結果ではありますが、これまでと180度異なる環境や評価に軽いパニック状態に陥っていた私の頭では、ご指摘いただくまで気が付きませんでした。
合わない職場にいることは非常にストレスなので、転職したい気持ちはあるのですが…

・転職してまだ間もないこと
(個人的には気にしませんが、気にする人事の方は多いため)

・経験と実績を積みたいこと
(現職に就いた当初は、じっくり腰を据え、仕事と勉強に勤しむつもりでした)

・適職が定まっていないこと
など、懸案事項もあるため、求人は見つつも、もう少し考えようと思います。

また、2つ目の質問である「適職」につきましても、凄い!としか言いようがないのですが、若い頃は美容師を志し、美容専門学校に通っておりました。

特に思い出されるのは、卒業コンテストの準備をしていた時のことで、これまでに感じた事がない程、心の底からワクワク、寝食を忘れるくらい没頭し、とてつもなく満ち足りていて、ドーパミンが大量に放出されていたことです。

現職でも、イベント準備時にはドーパミンは放出されますが、以前のそれには程遠いです。

出来ることならば、もう一度あの快感を得られるような仕事をしたいのですが、美容に関しましては、以前はものすごく興味を持っていたものの、自分で蓋をしてしまっているためか、現在はあまり関心がなくなってしまいました。

「一対一の対話を必要とするサービス業・技術職・静かで落ち着いた雰囲気のある職場環境」は、望んでいる環境でもあるのですが、すぐには思い浮かばず、自分のこれまでの経験も踏まえ、範囲を広げて検討してみようと思います。
ありがとうございました!

御礼

掲載を快諾してくださった直子様に心より感謝申し上げます。直子様の経験と想いが、多くの方々の元へと届きますように。

目次