親族問題で私たちは何を学ぼうとしている?具体的な解決策は?

親族問題で私たちは何を学ぼうとしているのでしょうか?具体的な解決策は?

「この事例は旧鑑定方式です」

目次

占い師や・カウンセラー・コーチング・相談業など、本質を見抜き的確なアドバイスが可能に!

相手の本質を見抜き人間関係改善に!

好きなタイミングで学ぶ動画講座

ご相談内容

■お名前:麻衣様(仮名)
■年齢:30代後半
■性別:女性

■状況説明(ご相談内容)
門次郎さま
前回は母の事でお世話になりました。
また、あたたかいアドバイスもいただきまして、ありがとうございます。

今回は、父方親族についてお聞きしたいです。前回も少し触れましたが、父方親族とは昔から折り合いがあいません。

何をしても…何もしなくても…何かにつけて叱責を受けたり、ひどい八つ当たりをされてきました。

━近況1━
親戚の結婚式の時、費用だけ払うよう催促されましたが、挙式・披露宴には招待されませんでした。

━近況2━
親戚の結婚式の時、人数合わせの為 挙式・披露宴には招待されましたが、髪型のセットメイク、遠方の為の宿泊施設の予約や費用など全てこちら持ち…。ロングヘアの為、着飾るのではなく、アップにまとめるだけなのに…ヘアセットの予約をしようものなら「キャンセルするように」「主役じゃないのに派手にするな」の一点張り。しかし当日…しっかりとヘアセットやメイクアップされた親族達がいました。

━近況3━
親戚がこのコロナ禍の中、逝去したのですが、葬儀関連の費用だけ要求され「参加するな、来てもらっては困る」の一点張りです。時期が時期なので理解しています。感染拡大をしてはいけないので、GWの帰省もしませんでした。

ご相談者様
■ご質問
父方の親族問題で、私たちは何を学ぼうとしているのでしょうか。
■ご質問
具体的な解決策を知りたいです。私としては、これ以上かかわりあいたくないのですが…問題を解決したいです。

鑑定結果

父方の親族問題で、私たちは何を学ぼうとしているのでしょうか。

ご親戚と麻衣様のご家族を視させていただくと「鏡のように対称的である」という事が分かりました。

どの部分か申し上げますと…

[麻衣様ご家族]
自分たちの思い通りにするよりも、波風を立てない事を第一とするご家族=平和主義

[ご親戚]
波風を立ててでも、自分たちの思い通りにする事を第一とするご家族=権力主義

見事なまでに対称的であり、それだけではなく、ご親戚サイドは体裁を重んじる物質的価値観の強い人の集まりであり、人を見下して優越感に浸る特質を持っています。

ご親戚サイドとは対称的に、麻衣様のご家族は体裁よりも「心を重んじるタイプ」になりますので、価値観も全く違うはずです。

明らかに「相対する者同士」になりますので、麻衣様ご家族からすれば、反面教師にすべくできたご縁でありながらも、思い通りにする強さを学ぶ一面もあります。

ご親戚サイドからすれば、麻衣様ご家族を通じて、人としての心の在り方を学ぶ為にできたご縁になります。とは言え、ご親戚サイドがそれに気づくのはあの世に帰ってからになると思います。

赤の他人であれば絶縁すれば済む話にまりますが、親族という血縁関係にある以上は、絶縁する事も難しいですよね。だからこそ、そこから強制的に学ぼうとしている事があります。

「ご親戚サイドとは対称的」と申し上げましたが、社会を生きる中で一番バランスの取れているのは、双方の中間だと思いませんか?

ご親戚サイドは理不尽な主張を押し付ける…麻衣様のご家族は納得のいかない事でも我慢をして従う…その中間とは「正しい主張と聞く耳を持つ」という事になります。

これまで、理不尽な事を迫られても、圧力に屈して折れていると思いますが、それでは与えられている課題をクリアできない為、絶縁しない限りご親戚サイドの理不尽な主張に振り回され続けなければなりません。

「ではどうすればいいのか?」につきましては、次の解決策でお話をさせていただきます。

具体的な解決策を知りたいです。私としては、これ以上かかわりあいたくないのですが問題を解決したいです。

私の両親は親族と絶縁している為、麻衣様のように悩むことはないのですが、一番早い解決策をお伝えするなら「絶縁する事」です。

たとえ親族であれ、悪縁になるのであれば絶縁しても構わない…むしろ、しがらみなく生きられるので私は絶縁に反対しません。

ですが、そう簡単にいかないから悩んでいらっしゃるわけですし、簡単に絶縁できないからこそ、そこに課題があります。

これからお話する課題をクリアする事ができれば、今後の関係性は変わっていき、解決への道が開けていくと思います。

その課題とは?
「人に流されない強さを持つ事」

この課題は、麻衣様のご家族全員に共通して言える事かもしれません。

ご親戚サイドとのご縁は、この課題に取り組む為のご縁ですし、課題をクリアする事で理不尽な対応も減っていきます。

平和主義の麻衣様のご家族は、人に合わせる事で調和を図ろうとします。もちろんそれは、優しさであり長所なのですが、裏を返せば「争いごとをしたくない弱さ」になります。

理不尽な強要に対し「一言うと十返って来るから黙って従おう」このように考えるのは弱さであり、理不尽だと思うのであれば、そこは断固として折れるべきではありません。

ご相談文にも書かれておりましたが「親戚の結婚式の時、費用だけ払うように言われ招待されなかった…」これは明らかにおかしいですよね。費用を出してくれた人を招待するのは常識です。

このように「筋の通らない理不尽な事」を言われた時は、黙っていてはいけません。「それはおかしい」と主張すべきですし、相手が納得しようがしまいが、自分の考えが正しいと思うのであれば、貫かなければいけないのです。

自分のポリシーを曲げてまで理不尽な主張に付き合うと、人に流される人生になり、納得のいかない事までさせられるようになります。

人に振り回されない人生を送るには「自分の中に確たる信念を持ち、他人の意見で簡単に信念を曲げない」という事が絶対です。

ご親戚サイドとの理不尽な関係から学んでいるのは「確たる信念を持って生きなければ、都合のいいように扱われ、人に振り回されて生きなければいけない」という事です。

そして「確たる信念を持ち、強く生きる事の大切さを学ぶためのご縁」だとお考えください。

ですので、納得のいかない事をさせられそうになった時は、しっかりと筋を通して納得のいかない理由を主張し、折れるべきではありません。

これは、上下関係は関係ありません。立場が下だからと折れてしまうと、相手はつけ上がり傲慢になります。すると、自分が損害を被るだけではなく、相手の人間性にも悪影響を与え、お互いにとってよくありません。

信念を貫くのは、相手に舐められない為に必要なだけではなく、相手に「傲慢はいけない」と気づかせる為にも必要な事です。

麻衣様のご家族は優しい方ですし、優しさや愛情は既にお持ちです。ですが「確たる信念」という強さが足りていません。ご家族を見守る守護霊らには、意地悪をされる事で、強制的に強さを身に付けさせようとする狙いがあります。

ですので、正しいと思う事は絶対に曲げない強さを持ち「人に流されず自分の意思で判断する」という事に力を入れていただければ、課題に向き合う事ができます。

突然態度を変えれば、その結果、ご親戚サイドとの関係が悪くなる可能性もありますが、課題と向き合った事で、最終的には「良かった」と思える境地へ導いてくださると思います。

・理不尽な話には乗らない
・自分の納得のいく事だけをする

「自分の信念を曲げてまで人に流されない強さを持つ事」を意識していただければ、一方的に押し付けられる関係性に変化が表れると思います。

簡単ではございませんが、課題をクリアした先に生きやすさが待っていると思いますので、ご家族で力を合わせて、どうか強くなり乗り越えていただきたいと思います。

以上が鑑定結果となります。
参考になりましたら幸いです。
この度は、ご用命をいただき誠にありがとうございました。

ご感想

門次郎さま
お忙しい中、早急なご返答ありがとうございます。

また ブログを拝見させていただきましたが、だいぶ時間と労力を込めてご相談にあたってくださっているとの事。本当にありがとうございます。奥様にも感謝いたします。

結果報告を拝見しまして、笑いました。納得できる箇所が多過ぎて(笑)

親戚家族に対して、ちゃんと意見を冷静に言える私たちであろうね。と、ちょうど家族と話していました。

また、理不尽な仕打ちをされるのは、私たちが気付いてないだけで、相手を傷つけてしまってたり、過去世において逆に嫌がらせをしたから、現世でされているのではないか…などと考えていました。シンプルに課題だったのですね。

子孫同士がいがみ合うのをご先祖さまは喜ばないだろうと躊躇してましたが、理不尽に対しては戦い、屈しない事が正しいのだと学ばせていただきました。

当たり前ですね。両親は難しいかもしれませんが、各々ができる努力をしたいと思います。

ケンカをしたいのではありません。

尊厳や大切なものを守る為にも、戦える知識と迎え撃てる姿勢を持とうと改めて決心しました。

門次郎さま、教えていただきありがとうございます。心より感謝いたします。

お礼

掲載を快諾してくださった麻衣様に心より感謝申し上げます。麻衣様の経験と想いが、多くの方々の元へと届きますように。

占い師や・カウンセラー・コーチング・相談業など、本質を見抜き的確なアドバイスが可能に!

相手の本質を見抜き人間関係改善に!

好きなタイミングで学ぶ動画講座

目次