適職は接客を伴う旅行代理店、潜在意識が接客業を求めている

適職は接客を伴う旅行代理店、潜在意識が接客業を求めている

─ ご相談内容 ─
仮名:瑞穂様
年齢:40代
性別:女性

私は40代のパートで働いている主婦です。

大学卒業後、数年研究開発の会社で転職や休職もはさみ、働いておりました。

結婚してしばらくは働いていましたが子供が欲しかったため退職し、数年間のブランクのあと、パートの仕事に復帰しました。

数年ほどパートで旅行代理店の事務についておりましたが、さまざまな問題が起き、努力や工夫で乗り越えてきたつもりですが、さらなる問題がおき自分のキャパを超えてしまい、家庭にも支障をきたしてきたため転職をしました。

転職先は研究開発の会社ですが、自分のミスや勘違いが多かったり、仕事内容が自分に向いてないのではないかという悩みがあります。

研究に関わる仕事は好きですが、若い頃も決して仕事がうまく行っていたわけではなく、自分の性格が素直でなかったり能力が低いせいと思っていましたが、そもそも向いていなかったのかもしれません。

今の会社は人不足ではありますが、意地悪な人はいませんし人には恵まれていると思います。

体力があまりなく、精神的にも疲れやすいため、事務や開発などのデスクワークを選んできましたが、広い目で自分の適職というのを考えてみたいと思っています。

ご相談者様

私に合った仕事はどのような職種になりますか?

目次

占い師や・カウンセラー・コーチング・相談業など、本質を見抜き的確なアドバイスが可能に!

相手の本質を見抜き人間関係改善に!

好きなタイミングで学ぶ動画講座

適職は接客を伴う旅行代理店その根拠とは?

鑑定結果

結論からお伝えをさせていただきますと…

意外だと思われるかもしれませんが「接客を伴うお仕事が瑞穂様には合っている」というのが私の見解になります。

瑞穂様の職歴を確認する前に、お写真を拝見させていただき「瑞穂様に合う仕事は?」という部分に焦点を当てながら鑑定をすすめていきました。そこで視えてきた映像が「旅行代理店の仕事(JTBや近畿日本ツーリストなどの旅行代理店のイメージ)」でした。

「きっと旅行代理店の仕事が向いていらっしゃるのだろうな」という方向性がある程度定まった後、ご相談文を拝見。すると「以前に旅行代理店で働いていた」ということが書かれていたこともあり、方向性が確信へと変わりました。

潜在意識が接客を伴う旅行代理店で働きたがっている

瑞穂様に合っていると感じたお仕事は「旅行代理店(接客あり)」になります。

「さまざまな問題が起き、キャパを超えてしまった…」と書かれていましたので、旅行代理店のお仕事に対してネガティブなイメージを持っていたり、「じょう舌に話せるタイプではないし、接客も得意ではない」と思っておられるかもしれませんが “潜在意識=魂”としては「お客様と直接関わる仕事がしたい、お客様に直接感謝される仕事がしたい」というお気持ちを強く持っているように感じます。

私に入ってきた適職のイメージは「接客をされているところ」だったのですが、以前勤めていらっしゃった旅行代理店の事務の業務内容に「接客」はございましたか。 同じ旅行代理店で働くにしても、事務だけだと心が満たされませんし「事務+接客」や「接客のみ」のお仕事をして初めてやりたい仕事ができるということになりますので、もしご興味がございましたら今度は接客も含めて検討されてみてはいかがでしょうか。

過去のトラウマなどが頭をよぎるかもしれませんが、経験者なら需要はあると思いますし、今度はキャパを超えないように調整をしながら過去の経験を活かすことができると思います。

適職が旅行代理店の可能性は極めて高い

なぜ旅行代理店なのか?

適職鑑定の場合「接客業」「製造業」「事務」など範囲を広くお伝えすることが多いのですが、今回は「接客を伴う旅行代理店の仕事」が色濃く視え、他のイメージが入ってきませんでした。

ということは、「向いているから」という理由だけではなく「潜在的な部分でやりたいと思っているから」という理由も関係していると考えられ、だからピンポイントで旅行代理店のイメージが入ってきたのだと思います。ですので、瑞穂様がその気になれば良いお導きをいただけると思います。

とは言え、旅行代理店のお仕事に対しどうしても強い抵抗を感じるという場合は、無理して受け入れようとする必要はありません。鑑定結果が全てではありませんので、瑞穂様のお気持ちを優先して考えるようにしてくださいね。

もし 旅行代理店以外のお仕事を探される場合は「いろいろな人と関わって直接感謝されたい」という潜在意識を満たせるように「接客があるお仕事」をお選びになるといいと思いますよ。

自身の気質を知り仕事に活かすことが大切

ご相談文の中で…
・努力や工夫を重ねても問題が起こる
・自分のミスや勘違いが多い
と書かれていましたが、それは瑞穂様の長所である「真面目な性格」が関係しているかもしれません。

適職に就くことができたとしても、ミスや勘違いを減らすことができなければ「向いていないのかな」と考え、悶々とする日々を送ることになってしまいますので、ご質問としてはいただいておりませんが、少し瑞穂様の性格について触れさせていただきたいと存じます。

瑞穂様を拝見いたしますと…

瑞穂様の人間性

・頑張り屋
・手を抜かない
・人を頼らない
・でしゃばらない
・人の気持ちを察しやすい

一言でいうならば「とても真面目な方だな」という印象を受けました。

これらはとても素晴らしい長所になるのですが、何事も表裏一体。どんなに素晴らしい長所であっても、短所になってしまうことがあります。

例えば…
・甘え下手
・何回も聞いたら悪いと思ってしまう
・人の気持ちを察しやすい分、遠慮してしまう
など。

だから勘違いやミスが生まれてしまうのかなと思いますので、これからは

・分からないことは何度でも聞く
・自分で判断せずどんなことも報告連絡相談する
・自分からどんどんコミュニケーションを取る

ということを意識してみてください。

そうすればミスは自然と減っていきますし、もし仮にミスをしたとしても周りがカバーをしてくれますので、キャパを超えることもなくなると思います。

無理をせず自分の気質を活かすのが良い

そして、また少し旅行代理店のお話に戻りますが…接客する際、じょう舌に話す必要はありません。じょう舌に話せる方はその個性を活かせばいいのですが、瑞穂様の良さはそこではなく「真面目に真剣に真摯に向き合う態度」にありますので、お相手のお気持ちになってご案内すれば、その対応に感銘を受けたお客様が認めてくださいます。

確かに器用な方ではないと思いますし、覚えるのに時間がかかったりミスをして凹んだりという紆余曲折はあるかと思いますが、真面目に真剣に真摯に仕事に向き合う態度は社内でも必ず認められると思いますので、やってみようかなと思う気持ちがあるのでしたら、是非チャレンジしてみていただきたいと存じます。

おわりに、鑑定結果をお読みになりどのように感じられたでしょうか。あまりピンとこない内容となっておりましたら誠に申し訳ございません。

潜在意識というのは自分自身でもよく分からない部分ではありますし、私もそれを証明することができません。本当に接客が心の満足に繋がるのか…それを確かめる方法は、実際に経験をしていただく他ございませんが、広い目でご自身の適職を探していきたいのであれば、今まで候補として挙がっていなかった分野に挑戦する勇気を是非持っていただきたいなと思います。

ご相談文の中で「体力があまりなく、精神的にも疲れやすいため、事務や開発などのデスクワークを選んできましたが…」と書かれていましたので、もしかしたら「接客を伴うお仕事は意外だったな…」と思われたかもしれませんが、心が満たされた先には今までとは違う世界が待っていると思いますよ。

少し私の話になりますが…

私は今まで運送屋や工務店などで働いてきましたが、それは生活のためであり「楽しいな~心が満たされるな~」という気持ちを抱いたことは一度もありませんでした。しかし、この仕事と出会い「心が満足できる仕事ってこういうことなのか」と感じるようになり、毎日がとても充実しています。もちろん、楽しいことだけではなく、落ち込む状況になることも多々ございますが、心の満足感というのは失敗やミスも、誹謗中傷も挽回できるくらいのエネルギーを持っていますので何とかここまで続けることができております。

大切なことは「ミスや失敗をしない仕事に就くこと」ではなく「ミスや失敗をしても負けずに頑張れる仕事に就くこと(=心の充実感を得られる仕事)」です。

又、これは私の個人的な意見になりますが「ペラペラ話す人・自分を偽り背伸びをする人」よりも、「多少のミスはあったとしても真面目にコツコツ向き合ってくれる人」の方が信頼できますし、そういう人に任せたいといつも思っています。

瑞穂様もお客様にとって記憶に残る存在になれると思いますので、旅行代理店の仕事やそれ以外の接客の仕事に就かれることがありましたら、気負わず真面目に向き合うことを心掛けながら、たくさんの人たちと笑顔ある時間を過ごしてくださいね。

適職鑑定を受けたご感想

─ ご感想 ─

門次郎様

この度は大変丁寧な鑑定をありがとうございました。大変納得できましたため、質問ではなくお礼と感想のメールになります。長文になりますので、ご迷惑でしたらスルーしてください。

普段の門次郎様の活動のファン?みたいなものなので、悩んでいたのはありますが、もし内容にピンとこなくても別にいいかなと言う気持ちでお待ちしていましたが、内容があまりにも的を得ていたため、衝撃と喜びを感じて涙まで出てきました。

鑑定依頼後、ここ最近頭に浮かんでいたのは、人の役に立てる仕事をしたいということで、鑑定内容の「お客様と直接関わる仕事がしたい、お客様に直接感謝される仕事がしたい」と正に一致していました。

以前の旅行代理店の仕事では事務に徹しており、事務所にはお客様が来ることはなく接客はしたことがありませんでした。学生時代のアルバイトなどでも接客をしたことは全くないのですが、日常生活で困っている方に声をかけたり、助けたりということに喜びを感じます。もしそういった人の役に立つことが仕事になるのでしたら、この上ない喜びだろうと思います。

また門次郎様のご経験にも共感できる点が多く、仕事である以上、辛いことやうまくいかないことはあると思いますが、それを上回る喜びがあるからこそ、充実感や続けるパワーに結びつくのだと思いました。

また亡き父もじょう舌に話す必要はない、話がうまくない人がぼくとつと話すのも、味があっていいものだと話してくれたことがありまして、門次郎様の「じょう舌に話す必要はありません。」と一致しているようで、胸がいっぱいになりました。

ミスの防ぎ方につきましても、基礎的なことのようですが、実は自分で何とかしたいという頑固な性格によって妨げている部分で、自分にはそれが不足していると感じました。

相談時はすぐにでも辞めようかと思っていましたが、今働いている職場に対しての責任も感じますし、相談したことでホッとしたこともあり、旅行代理店に関わる接客を伴う仕事を検討しつつ、今の職場の皆さんのお役に立てるようもう少し頑張っていきたいと思います。

いつか、伏見稲荷大社の熊鷹社、玉姫社にも伺いたいです。

事務を行っていただいた奥様にもお礼をお伝えくださいませ。

門次郎様と奥様の益々のご活躍をお祈りいたします。寒くなってきましたので、お体ご自愛ください。

この度は本当にありがとうございました。

占い師や・カウンセラー・コーチング・相談業など、本質を見抜き的確なアドバイスが可能に!

相手の本質を見抜き人間関係改善に!

好きなタイミングで学ぶ動画講座

目次