子供たちに好かれやすい資質がレーシングドライバーとしての生涯を支える

メール鑑定事例
ご相談内容メール鑑定
ご相談者様
仮名:大輝様
年齢:30代
性別:男性
目次

レーシングドライバーとしてのこれまでの活動

■状況説明

〇歳の頃、親に土下座して始めたレース活動。資金面なども苦しいこともありまともに活動も出来ないで過ごしてきました。

海外で練習をする機会を得て、海外でレースをする為に独学で英語を身に着け、レース留学、その後、海外でレースをすることが出来ました。

ですが、これまでもそして今も個人でずっと動いてきて決して満足できる体制ではなく、もっとレースに集中出来る環境が欲しく思っております。

学校などに訪問しレースを通して学んだことを話す機会もあり、レースを通して何かしらを後世に伝えていくことが使命だと思っておりますし、貢献していきたいと思います。その為にも自身でもっと経験をし、伝えられる事を増やしていきたいと考えております。

現在の目標としては〇〇年に行なわれる海外レースに参戦、出来れば〇国にも一度行ければと思ってます。

そして数年後に〇国で活躍することを目指しております。
現在はその為に〇語も独学で学んでおります。

これまでもそして今もですが、レースをしていくにあたり障害といいますか、なかなか思う通りに進まずにいます。それでも最低限どうにか続けてきてはいるのですが、たまに思うのが「やるべきでないから邪魔?が入るのか…それとも続けていくうえで試されているのか…」と思うことがあります。

正直、金銭的なゆとりがあればもっと簡単に出来ることですし、語学もセンスがあればここまで苦労していないなと感じております。

ドライビングに関しても本当にセンスがなくそれでも続けている自分が不思議です。
このまま突き進んでいいものなのか、またその場合その先に何があるのか。

理想としては、やはりレーシングドライバーとして生きていきたいですし、それに基づいた仕事がしたいです。その為にも活動を続けていくことが間違っていないのかどうかわかればと思います。

何卒宜しくお願い致します。

ご相談者様
レーシングドライバーとして活動を続けていくことが間違っていないかどうかが知りたいです。
門次郎
結論から述べさせていただくと「お子様に大変好かれる資質を持っておられること」そして「お子様に運転を教えている映像が視えたこと」から、レーシングドライバーとして続けていくことは方向性として間違っていないと感じましたし、将来的には「お子様と関わる方向性に舵をきるという流れが良いのではないか」と感じました。「なぜ大輝様はお子様に好かれるのか?」それは…これまでの苦難や継続した努力を通じて、大輝様の人間性が大きく高められたからです。お子様を指導する上で、指導者の人間性というのはとても重要な資質になりますので、そのことを分かりやすくお伝えするのが私の役目だと思い、鑑定をさせていただきました。
鑑定結果 メール鑑定

子供たちに好かれやすい資質が役立つ

結論からお伝えさせていただきますと…

レーシングドライバーとして活動を続けていくことは、将来の役に立つと思いますし、間違いではございませんので、その点は自信を持って突き進んでいただきたいと存じます。

しかし、突き進むにしても「どういう形で役に立つのか」「なぜ役に立つと言えるのか」など、具体性が見えてこなければ今ある迷いを消し去ることはできませんよね。

ですので、ここからは「大輝様の資質と経験が今後どのような形で役に立つのか」という部分に焦点を当ててお話をさせていただきたいと存じます。

この鑑定を機に大輝様の迷いが少しでも晴れますように…そして、今まで重ねてきた努力に自信を持って突き進むことができますように…という思いを込めてお伝えをさせていただきますので何卒よろしくお願い申し上げます。

お子様に好かれ指導者に向いている資質とは?

まずはじめに、私の視えた映像についてご説明をさせていただきますが、私に視える映像は比喩表現の可能性もあり、視えたものがそのまま当てはまるとは限りません。「近からず遠からず」の可能性がありますので、想像力を膨らませながらお読みいただけますと幸いに存じます。

(本題)

〇歳の頃からレースの世界にいらっしゃるとのこと。又、学校等で経験談を伝える機会もあったとのことですが、それ以外で(レースを始めてからこれまで)「お子様と関わる機会」はございましたか?

もし、お子様と関わる機会があったのでしたら既に自覚をされていることかも知れませんし、機会がなかったのであれば「意外だな」と思われるかもしれませんが、大輝様の資質を視させていただきますと「お子様に大変好かれ、指導者としても向いている」と感じました。

“なぜ、子供の指導者として向いているのか?”

それは、物腰が柔らかい上に厳しさも兼ね備えていらっしゃるからです。

具体的に言い換えますと…

・メリハリのある指導ができる
・褒めるところは褒める
・叱るべきところは叱る
・弱音を吐く子の気持ちが分かり寄り添える

など、指導者として必要な資質を持っておられますし、何よりも「子供たちの良いところを伸ばし、悪いところを正すことができる」という部分が大きいと感じます。

しかし、それだけではありません。

出来ない子の気持ちが分かるのも子供に好かれる資質

「出来ない子の気持ちが分かる」というのも、大輝様が子供たちに好かれやすい理由の一つになります。

失礼な言い方となり大変申し訳ございませんが、生まれ持った資質を視ますと、大輝様も仰っているように「あまり器用とは言えない」かもしれません。

ですが、それでも厳しい世界で生きることができているのは「人一倍努力家であるから」そして、「諦めたくない」という思いがあるからだと感じます。

ということは「運ではなく努力を積み重ねた結果今の大輝様がある」と言えますし、その裏ではたくさんの努力と思い悩む日々があったはずです。

そうした「人一倍の努力」と「思い悩んできた経験」が、子供たちを教える立場になった時に役立ちますので、それもまた人を教えることに向いていると感じた要因の一つになります。

お子様に教えている姿が視える

そして、大輝様の今後について視させていただいたのですが、「サーキット場のようなところでお子様(主に小学生)を相手に説明をしている姿」が視え、そのことから判断してもやはり「指導者としての道が向いている」と感じました。

ちなみに…

「子供たちに教える」といっても、レジャーでゴーカートを乗りに来ている子を相手にするのか、本気でレーサーを目指している子を指導するのか結構幅が広いですよね。

その辺りをもう少し絞れたらいいのですが、先ほどもお伝えしましたように、私が視えている映像(サーキット場のようなところでお子様を相手に説明をしている姿)は比喩表現の可能性があるため定かではありません。

しかし、『子供・運転』というキーワードに間違いはないと思います。

将来的に子供たちに教える方向に舵を切ると、大輝様の資質がピタリと当てはまりますので、邪魔が入るということも減り、その世界で居場所と地位を確立できるように思います。

子供たちに教える方向へ舵を切るタイミングとは?

ご相談者様
レーシングドライバーとして活動を続けてもいいのか?

以下、今後の方向性と時期について順を追ってご説明をさせていただきますが、私がお伝えをするのはあくまでも「一つの選択肢」であり、決められた未来ではないということ、そして「過去の経験すべては今後の糧になる」ということを前提にお読みいただけますと幸いに存じます。

上記の中で「子供の指導者が向いている」とお伝えいたしましたが、では「今すぐにでも現役を退いた方が良いのか?」というとそうではありません。

舵を切るのはやり切ったと思えたあと

舵を切るタイミングは「レーシングドライバーとしてやり切った!」と思えるようになってからです。

少し「大輝様の魂の学び」についてお話をさせていただきますが、大輝様の魂の学びの一つに「努力を積み重ねる」というのがあります。だから、少々不器用さを持って生まれてきている訳ですが、だからこそ努力する課題に取り組むことができ、今は人としても魂としても大きく成長することができています。これは本当に素晴らしい功績ですので、ご自身の努力の結果に自信を持ってくださいね。

話を戻しますが…

無理やり舵を切ると大輝様の学びが中途半端な状態になってしまう可能性がありますので、「やり切った!(レーサーとしてできる努力を出し切った!)」と思えるようになるまでは続けていかれた方がいいと思います。

そうすることで「レーシングドライバーとしての学びをしっかりと得た」と納得することができますし、指導者へと方向転換をしたとしても「レーシングドライバーの経験を活かた指導」というができますので、子供たちにとっても大きな糧になります。

ですので、時期云々の話ではなく「やり切ったと思えるかどうか」が重要なポイントになるということを踏まえた上で、今後の舵取りをしていただきたいと存じます。

そして「やり切った!」と思えるようになる頃には、割とスムーズに次のステージに進めるよう導かれると思いますので、今は目標とされているレースに向けて準備を進め、レーシングドライバーとして駆け抜けていただきたいと存じます。

レースの経験を子供たちに伝えるのは使命かも…

おわりに…

ご相談文の中で大輝様は
「レースを通して何かしらを後世に伝えていくことが使命だと思っている」
「その為にも自身でもっと経験をし、伝えられる事を増やしていきたい」

というお気持ちを書いてくださっていましたが、鑑定結果をお読みになった今、どのような感情をいだいておられるのでしょうか。

鑑定結果が全てではありませんし、もちろん正しいとも限りませんが、鑑定としては「今大輝様が抱かれているお気持ちを肯定する結果」となりましたので、「自分が思い描く方向性は間違っていないんだ!」という自信を持って、これから人生を歩んでいただきたく存じます。

そして、繰り返しになりますが…

レーシングドライバーとして活動を続けていくことは、教える立場になった時に役立ちますので間違いではございません。現役を退いても次のステージが待っていると思いますので、レーシングドライバーの肩書を活かすことができると思います。

目標にされている次のレースで、大輝様が渾身の結果を出すことができますように陰ながら応援しております。

以上が鑑定結果となります。
参考になりましたら幸いです。
この度は、ご用命をいただき誠にありがとうございました。

やりきったと思えるまで走り抜くことが大切

※追記※
今回、大輝様のように「夢を持って努力を積み重ねてきた方」とご縁ができ、大きく感化されました。本当にありがとうございます。

私はまだ独立をして3年半ですが、その間「何をしても結果がでない」ということもありましたし、「やることなす事裏目に出る」ということもあり…その度に「この仕事を辞めるかどうか」悩んできました。

しかし「やりきったと思えるまで走り抜きたい」という想いが強く、今も尚四苦八苦しながら向き合っている最中でございます。

もちろん、その選択に後悔はありません。

大輝様もどうか「やりきった!」と思えるところまで走り抜けてください。

又、「邪魔が入る」というのは、時には「すぐに方向転換をしなさい」というメッセージであるとも考えられますが、大輝様の場合は「努力を積み重ねる」という学びも関係しているため、“今すぐ”とは感じませんでした。

いろいろ迷うことも多いかとは思うのですが、方向転換のタイミングは「やり切った!」と思えた時ですので、今後見据えている目標はしっかりと見失わないようにしてくださいね。

寒い日が続きますが、お体にお気をつけてお過ごしください。

ご感想メール鑑定

門次郎様

お世話になっております。
まず鑑定どうもありがとうございます。

ここまで丁寧に鑑定結果を頂けるとは思っていませんでした。ありがとうございます。

また、自分が思ってきたことが間違っていなかったんだなということで安心しております。

レースとは関係ありませんが、以前〇〇スクールで中学生相手に指導していたこともあるのですがそれも必然だったのかもしれないですね。

これまでもレース活動を通してほんとうにダメな方なので確かにできない子の気持ちというのはすごく寄り添えると自負しております。

現在、〇〇町でとある施設の建設が進んでいるのですが、そこで働かないか打診をいただいており、まだ結果はでていませんが、実際に私が携わることになるかもしれません。

まだまだ指導等には及びませんが、すこしでもそういった環境に身を置くことも今は必要なのかもしれないですね。

また何かありましたら鑑定等お願いしたいと思います。
どうもありがとうございます。

門次郎
「丁寧な鑑定」と仰っていただきありがとうございます。大輝様は努力を惜しまない方ですので、ステージアップのチャンスは必ず訪れると思います。今回、大輝様を通じて「やりたいことに向かって走り出す気持ち」「やりたいことに向かって努力を積み重ねる大切さ」を学ばせていただきました。本当にありがとうございます。陰ながらご活躍をお祈りしております。
目次