資格試験勉強のやる気がでない…モチベーション低下の意外な理由とは?

メール鑑定事例
ご相談内容メール鑑定
ご相談者様
仮名:つむぎ様
年齢:40代
性別:女性
目次

やらなければならない資格試験勉強のモチベーションが上がらない

■状況説明
門次郎 様 こんにちは。
以前「これからの仕事の方向性(適職)」について鑑定いただきましたつむぎと申します。

その節はありがとうございました。
仕事は同じサロンに勤めております。

今回の質問に関する状況説明ですが、20〇〇年の〇月から20〇〇年の〇月までアロマスクールに通っておりました。

アロマセラピストコースにて申込みし、受けていた最中に、スクールの直営店に就職が決まり、平日はサロンの研修を受け、土曜日はスクールにて最終の講座を受けていました。

本来の流れでは20〇〇年に、試験を受ける予定でしたが、就職が決まり、試験予定日だった土曜日に休めなくなったことや、サロンでの忙しさや異動もあり、ずっと試験を受けられないできました。

20〇〇年の〇月に今の店舗へと異動となり、落ち着いてきた20 〇〇年〇月期のスケジュールにて実技の模擬試験と卒業試験を受け、こちらは無事合格しました。

その他の試験は、仕事の関係もあり来年に受ける予定なのですが、延ばし延ばしとしてしまったせいかなかなかモチベーションが上がってこず、勉強に向かえない状態です。

また、試験以外にもレポート提出が残っており、来年までに間に合うかな…という気持ちが先行して実行できていない状態です。

今までは何とか集中して頑張れる時もあったのですが、今は資格試験勉強や課題提出物については後回しになってしまっています。

最近は、興味があったり人に勧められた、直傳霊氣を習いに行っていました。

そんなこんなで、資格の取得を辞めようかとも思っていましたが、スクールから卒業式の連絡があり「後少しだから是非頑張って続けてください」とのメッセージもいただきました。

やるか…やらないか…しかないと思うのですが(もしかしたら、やらない選択はないのかもですが‥)、やる気がみなぎってこず先延ばししてしまう自分に何とかエールを送ろうとしている状況です。

何のために資格取得するのか、そのプラスのことが頭から離れてしまっているのだと思います。

(将来、福祉施設・医療機関にて働く可能性があるとすれば、資格取得は信用してもらえるひとつの証でもある。だけれど、これからの時代、本当に資格は必要なのか疑問視している自分もいるし、ただ単に努力したくないだけなのかもしれない、と、そんな想いがあります)

どうぞよろしくお願いいたします。

ご相談者様
資格試験対策について、勉強・課題の取り組み方のアドバイスを頂きたいです。
鑑定結果 メール鑑定

資格試験勉強のやる気がでない理由

「資格取得に向けて取り組もう!」という姿勢、そして「やる気がみなぎってこない理由を知りスイッチを入れたい!」と考えるその姿勢は本当に素晴らしいと思います。

しかし、試験の日が迫っているにも関わらず、自分を奮い立たせるような気持ちが湧いてこないとのこと…

ご不安な日々をお過ごしのことと存じますが、その理由が明確になればお気持ちも軽くなると思いますので、一つ一つ整理しながらお読みいただけますと幸いに存じます。

やる気がでないのは今の生活に満足しているから

門次郎
読んでくださっている方には先に結論を申し上げますね。つむぎ様から二枚のお写真をいただいておりましたが、二枚とも幸せな人にみられる波動が出ていることから「幸せだからやる気がでない」という結論に至りました。「幸せだとやる気がでないってどういうこと?」と思われるかもしれませんが、それには理由がありますので、想像力を膨らませながらお読みいただけますと幸いに存じます。

今回“勉強への取り組み方”についてご質問をいただいておりますが、「どうしてやる気がみなぎってこないのか?」まずはその理由を明確にしなければ、取り組む方法を導き出すこともできませんので、一番最初にご説明をさせていただきたいと思います。

実は、鑑定を進めていくと“一つ視えてきたこと”があるのですが、それをお伝えする前につむぎ様にお尋ねしたいことがございます。

『今の生活に不満はありますか?』

人間には欲がありますから、全く不満がないと言えば嘘になると思いますし、過去を振り返ればいろいろな不満を抱いていた時期もあると思います。

しかし「今の生活に大きな不満があるのか?」と考えてみた時はどうでしょう。今の生活に満足している割合の方が大きいのではないでしょうか。

つむぎ様のお写真からは、幸せを感じていらっしゃる方に見られる波動と同じ波動を感じます。

つまり何を言いたいのかといいますと…

「今の生活に幸せを感じている」
「今の生活に満足をしている」
だから、やる気が起きないということです。

勉強のやる気を出すにはハングリー精神が必要

「幸せ」これは大変良いことですが、何事も表裏一体。

何かを成し遂げるためにはハングリー精神が必要になりますので、そういう意味ではマイナスに働くこともあります。

想像してみていただきたいのですが…
お腹が張り裂けそうなくらい満腹の時に、更に食べようとすると…?

→ 無理して食べなければいけません。

ですがもし、その時にお腹が空いていたら…?

→ 無理せずガツガツ食べられますよね。

今のつむぎ様は前者と同じで、ほぼ満腹状態。いくら食べなければいけないと分かっていても、満腹の状態では口を付けるのも気が進まない…。

しかし、食材を育ててくれた人の想いや料理をしてくれた人の想いが頭をよぎり「捨てるのはもったいない…食べなきゃな…」という葛藤を繰り返し、結果少しずつでも口へと運ぶ…。

少々分かりづらいかも知れませんが
【1】「食べなきゃいけないから食べる」
【2】「食べたいから食べる」
この2つの違いは大きいと思いませんか。

つむぎ様は今はまさに【1】の状態にある為「意欲がみなぎってこない」と考えられます。

本当に資格は必要ですか?

これを申し上げると逆効果になるかもしれませんが、個人的な意見としましては、今でも十分幸せそうに視えますし、無理に資格を取る必要はないのではないか…と思います。

なぜなら、資格を取らなくても満足のいく日々を過ごしていかれるように思うからです。

(念のため補足をさせていただきますと、決して「資格を取ると満足のいく日々を過ごせない」ということではなく、「資格を取っても取らなくても満足のいく日々を過ごすことができる」という意味になります。)

しかし、どうするかはやはり「つむぎ様のお気持ち次第」になりますので、以下をお読みいただきながら「自分の中に奮起するものがあるのかどうか」をご確認いただきたいと存じます。

資格試験勉強のやる気を出すのに必要なこと

(既に気づいておられる点だとは思うのですが、人から言われることで更に落とし込める…という部分もあると思いますので、感じたことをそのままお伝えさせていただきますね。)

あまりやる気が起きないのは、先ほどもお伝えしましたように「幸せな感情に満たされ、ハングリー精神が湧いてこないこと」が要因になっている訳ですが、言い換えますと「本当に資格が必要かどうか分からなくなっている状態」ですので、まずはそこに焦点を当てて考え、ハングリー精神を呼び起こす必要があります。

やる気を出すにはハングリー精神が必要

“ハングリー精神に必要なこととは?”

ハングリー精神を湧かせるために必要なのは「強い欲求」であり、その強い欲求を得るために必要なのは「明確な目的と目標」になります。

順番にならべますと…

1.明確な目的と目標がある

2.強い欲求が生まれる

3.「何がなんでも!」というハングリー精神が生まれる(「資格を取らないと私は生きていけない!」このくらいの気持ちがあるからこそ、ハングリー精神は湧いてきます)

このような流れがあるから、人は気持ちを高めることができますし、基礎である「1.明確な目的と目標」がある限りは、例え途中で気持ちが萎えたとしても、また奮起して「2→3!」という気持ちを再燃させることができます。

やる気を出すには明確な目的と目標が必要

厳しい表現となり申し訳ございませんが、「資格があれば信頼に繋がるから…」くらいの目的では、ハングリー精神を呼び起こすのは難しいと考えられますし、今の生活に満足しておられることから考えても、そこまでの気持ちを湧かすのは難しいと感じます。

とは言え、これは現状から考えられる未来であり、今後については「つむぎ様の気持ち次第」になりますので分かりません。

資格を取りたいお気持ちがあるのでしたら、まずは将来のビジョンを明確にし、目標をしっかりと定めることからはじめてみてください。

もし「それは難しいな」と思うのであれば、無理せず一年考えてみるのも選択肢としてはありなのではないでしょうか。

最後にもう一度、つむぎ様のお気持ちにお尋ねしたいのですが…

「資格を取ってこうなりたい!」
という熱い気持ちはありますか?

問題となっているのはそこだけあり、しがらみを取り払い素直に自問自答してみることで、自ずと答えは出ると思います。

いただいたご質問『資格試験対策について、勉強・課題の取り組み方』についてお答えしますと…

「明確な目的と目標を持つこと」
「決めた目的に強い欲求を抱くこと」

そして
「今回やらなきゃ後がない!」くらいのハングリー精神を持つこと

この3つが重要になりますので、意識をしながら取り組んでいただきたいと存じます。

ハングリー精神がなければやる気はでない

『勉強・課題の取り組み方のアドバイス』というご質問をいただいたのにも関わらず、無理せず来年でもよいのではないか…という選択肢までご提案してしまい誠に申し訳ございません。

「つむぎ様の気力を奪ってしまうのではないか…お伝えしてもよいものか…」正直悩んだのですが「誰に何と言われても試験に挑む!」くらいのハングリー精神がなければやる気はみなぎってこない…と思いましたので述べさせていただきました。

繰り返しになりますが、どうするかはつむぎ様のお気持ち次第です。

もう12月ですし、あまり時間は残されていませんが「本当に必要な資格かどうか」よく考えた上で、後悔のない決断をしていただきたいと存じます。

「幸せだから気持ちが高まらない」という結果となり、腑に落ちない部分もあるかも知れませんが、不満や不幸の数を数えている人が多い中、ご主人と仲良く生活を送ることができているつむぎ様は、とても幸せだと思います。

ですので、鑑定結果(ハングリー精神が湧かない等)対して、ネガティブな感情を抱く必要はないですし、幸せであることに自信を持って、つむぎ様らしい人生を送っていただきたいと存じます。

今の幸せを満喫するのもつむぎ様の人生。
更なる挑戦をするのもつむぎ様の人生です。

ご感想メール鑑定

資格試験勉強のモチベーションが上がらないについてのご感想

門次郎 様
こちらこそ、お世話になっております。
鑑定結果をお送りくださり、ありがとうございました。

結果を読み、まず、私の本当に聞きたかったことに答えてくださり、感謝の気持ちが湧きました。

私にとって資格は必要なのか?

本当に質問したかったのはこちらだと思います。鑑定依頼をお送りしてからも、自分の中で質問に対する違和感がありました。

ですが、資格取得するか、しないかは自分で決める事なので、門次郎様に質問するのはどうかな…と思い、受験することを前提として質問してしまいました。

スクールで学び終え、資格取得前に働き始め、資格試験のタイミングを逃してしまったというのもありますが、学んだことを活かして働いていることも実感していますし、

ここ最近では、今「自分の力を何につかうか」という優先順位を考えたとき、資格試験に費やす時間は本当に今必要なことなのか…と考えることが多くなりました。

ただ、それは(資格取得に向けて勉強や課題をしないことは)単なる逃げや甘えではないのか、努力するのが嫌なだけではないのか、とも考え自問自答することも多くありました。

「将来のビジョンを明確にし、目標をしっかりと定めること」については、かなりぼやけています。今、明確なものがありません。

もしかしたら、将来、夫と一緒に私の田舎に帰って暮らすこともあるかもしれませんし、そこもぼやけているので、強い意志が湧いてこないのもあるかもしれません。

ただ、門次郎様から問いかけ頂きました『今の生活に不満はありますか?』については、今の生活におおむね満足していますし、幸せも感じています。

そう思うと、夫と楽しく過ごす時間ももっと大切にしたいと思いますし、自分自身が楽しめる時間を持つことも大切で、仕事も色々なことはあるものの楽しく働けているので、今を大切に生きていくのがいいのかと思っています。

門次郎様にご提案いただきました、資格取得するかは一年考える時間を持ちたいと思います。

色々な気づきやアドバイスをくださり、ありがとうございました。

ひとりで悶々と考えず、門次郎様に相談して良かったです。ありがとうございます。

門次郎
資格取得に向けてやる気が出ない方へ・・・「何かを犠牲にしてまで資格を取りたい」という気持ちが湧いてこないなら、あなたはその資格を本当に必要だと思っていなのかもしれません。だからやる気がでないだけですし、そんな自分を責めることはありません。それよりも「何が何でも必要だと思う事柄に注力すること」そして「地位や名誉に関わらず、自分が幸せだと思える道を歩むこと」が一番ではないでしょうか。
目次