パチンコとスピリチュアル【守護霊が遠隔操作している件】

パチンコとスピリチュアル【守護霊が遠隔操作している件】

私はパチンコ依存症で苦しんだ過去があります。ですので、パチンコがやめられない方の気持ちが良くわかります。

やめたいのにやめやられない、やめようと決意した次の日にまた行ってしまう…こんなことは日常茶飯事でした。

負けたらやめようと思うのですが、次の日には負けた分を取り返そうとリベンジする気持ちが湧いてきます。

勝ったら勝ったで、これまでに負けた分を取り返そうと考えてしまうのです。

当然、負ける確率のほうが高いので、最後は絶対に負けます。取り返す軍資金も底をつきます。

勝っても負けてもやめられませんでした。

私がパチンコをやめられたのは、お金が尽きてやめざるえない状況に追い込まれたからです。そこまで追い込まれなければ、やめられませんでした。

私のように追い込まれるまで、あなたはパチンコをやり続けますか?

私のようにパチンコをやめられない人にも当然守護霊はいるのですが、パチンコしている私たちをどのように見ているのでしょう。

目次

パチンコとスピリチュアル・守護霊が遠隔操作している件

たしなみ程度でやめられないのがパチンコ。

そもそも、たしなみ程度で「勝った負けたと笑っていられる」「いつでもやめられる」なら問題ありません。しかし、それができるなら苦労はしません。

勝って喜ぶ日もあれば、負けて悔しがる日もある。それは、生きてく上で喜怒哀楽を学ぶことになるし、経験のひとつになります。ですので、スピリチュアル的には「パチンコにハマるのも大切な経験のひとつである」と言えます。

ギャンブルとは皮肉なもので、一度でも大勝ちしてしまうと味をしめて、ついのめり込んでしまうもの。勝った時の記憶が忘れられないのは、脳内麻薬のせいかもしれません。

初めは使う額も数千円だったものが、やがて数万円になり、パチンコに対する想いが日に日に強くなります。趣味がパチンコなんてことにもなりかねません。

やればやるほど使う額が増え、負けても大勝ちすれば取り返せると思い、貴重な時間とお金をどんどんパチンコに使うようになります。

パチンコをする前は、もっと別なことにお金と時間を使っていたのに、まるでパチンコをするために仕事をしているような感じになります。

私たちがパチンコにハマっても、守護霊はじっと見ています。勝ったり負けたりして、私たちがどうするのかを見ています。

「パチンコに人生を捧げることが学びだ!」なんて人は…ほぼいません。パチンコすることで学べることはありますが、パチンコが主体の人生ではないと思います。

守護霊からしてみれば「パチンコばかりしていたらダメだと、いつになったら気づいてくれるの?」と感じていることでしょう。

私たちが気づき、私たちの意思でやめるのを待っています。

守護霊は静観して見守っている

守護霊は、パチンコにハマってしまった人に対し「見守ること」から始まります。

見守っている段階で勝った負けたを繰り返し、負けたからやめよう、時間がもったいないからやめようと本人が改心するのを待っています。

この段階でやめることができれば、大負けすることなくパチンコから足を洗えます。

しかし、これでやめらないのがパチンコ。ほとんどの方は、お金が尽きるまでやってしまうのではないでしょうか。

守護霊は勝った負けたを繰り返す中で、本人の意思でやめてほしいと小さなサインは何度も出しているのに、私たちは目を向けません。それどころか、さらにのめり込む始末…

ずっと見守ってきたけれど、まったく改心する気がないと結論付けた守護霊はついに行動に出ます。

守護霊が与える気づき

いつか自分も大連チャンしたいと思っていたあなたに、ついにその日が訪れます。

フィーバーの嵐で連チャンが止まらない!台が壊れてるのかと思うくらいに連チャンが止まらない!

「パチンコやってて良かった~!」そう思うことでしょう。

存分に大連チャンを味わい、換金したら予想以上の快挙!これまでの負けも補填できて気分はサイコー

「今日は本当にツイてて楽しかった!」

しかし…
しかし…

これこそが守護霊の罠なのです。

大勝ちしたからといって、パチンコやめますか?

大勝ちしてパチンコから足を洗える人は、依存症にはなりません。おそらく十中八九、またパチンコに行きます。

あなたは再びパチンコ屋へ行き、どんどんお金を突っ込みます。不思議と大連チャンした後は、まったく良い当たりを引かなくなります。

遠隔操作してるの?と思うくらいに…
遠隔操作しているのは、守護霊かもしれません…

きたー!魚群リーチ!
「当たれー!」( *`ω´)/バンバン!!!台を叩く!

が、当たらず魚群でハズれる…

ムキになったあなたは、先日の大勝ち分を全てつぎ込んで負けてしまいました。

あなたの脳裏に『デカイ当たりを引けば大勝ちできる!』ということが離れません。だから、ATMに走るのです!

ATMとパチンコ屋を行ったり来たりして、もうつぎ込むお金がなくなるまで使ってしまい…

もうやめるしかない…

ここまで追い込まれたあなたは、強制的にパチンコできない生活に戻されます。

まぁ、これは私のことですが…

これこそが、守護霊が与える気づきです。

私がいつまで待っても改心しないから、このまま放っておいてはすべきこともできないから、守護霊は強制的に気づきを与える手段に出ます。

パチンコに打ちのめされた時がやり直しの時

一文無しになり凹んでいても前には進めません。

「ここからがスタートなんだ!パチンコをやめて健全な生活を取り戻すチャンスなんだ!」そう思ってください。

パチンコ依存症は、パチンコが好きだからという理由だけではなく、心の隙間を埋めるために依存してしまう方も多いと思います。

例えそうだとしても、パチンコに逃げては幸せになれません。大きな仕打ちを受ける前に自らやめる決断を!

パチンコで人生が狂うのも学びだと思いますが、自ら進んで不幸を買うようなことはしたくありませよね。パチンコに依存しているうちは幸せから遠ざかっています。

パチンコで勝てたのは、守護霊が助けてくれたからではありません。あなたは試され、ふるいにかけられているからです。

ある方がおっしゃっておりました。
「パチンコで勝てたのはツイている」からではなく、「憑いているからだ!」と。

うまいことをおっしゃるものです。まさにその通り。

パチンコで勝って幸せになる人はいません。勝てば不幸の前触れです。パチンコは、お金を払って不幸を買っているようなもの。

お金がないからパチンコで稼ごうという考えは、身を滅ぼしますのでやめてください。

この記事を読んでくださった1人でも多くの方が、パチンコをやめようかな…と考えるきっかけになってくだされば幸いです。

私がやめられたのですから、あなたもやめられます。

まずは1週間、そして2週間、あとは惰性でやめられます。

やめれば今より必ず幸せになれます。

どうか頑張ってください。

目次