動物との関わりで人は何を学ぶのか?魂の課題と今後の進路

動物との関わりで人は何を学ぶのか?魂の課題と今後の進路
ご相談内容メール鑑定
ご相談者様
仮名:まどか様
年齢:50代
性別:女性

私は、〇〇県在住の50代です。

娘についての相談です。現在20代前半。高卒後の進路に悩んだ末にやりたい事が見つからず、推薦で〇〇大学△△学科に入学。動物に関わる部に入部する事で大学生活に意味を持たせる。

しかし、大学〇年の時…部活の最中に怪我をし、その後数年間現在も休学中です。あちこちの病院で診てもらうも体調不良の原因は不明。〇〇大学病院で軽い鬱病に効く薬を処方しはじめた頃から順調にみえておりましたが、今年に入りまた体調不良。

大学復帰を検討しておりましたが、乗り越えていけるのか?
この進路で良いのか?
何をアドバイスしてやれるのか?

本当に振り出しに戻ってしまいます。この子が納得して社会で活躍できる事が願いです。

私に出来る事はありますでしょうか?
何かアドバイスを下さいませ‥‥。

ご相談者様
娘はこの進路で良いのでしょうか?
鑑定結果 メール鑑定

現在「△△学科」に入学していらっしゃるとのこと。調べたことろ…その学科を卒業された方の進路は多岐に渡るようですね。

娘様は協調性のある方ですし、社交性に関しても全く問題ありません。よって、社会に適応できない訳ではありませんので、普通に考えると「大企業の事務員にでもなって、安定の道を選ぶ方がいい」と思われるかもしれません。

しかしそれは一般論であり、娘様の幸せはそこにはありません。(=娘様の魂が目指しているのは、大企業の安定でもなければ一般的な会社員でもない)

そのため、もし娘様が大企業に就職をして安定を手にしたとしても「とりあえず仕事をしている…他に特にやりたいことがないから仕事をしている…」このような状態になり、充実した毎日を送ることはできないと考えられます。

実は、過去の私がまさにそうでした…。

20代で大手運送屋に就職をし、長期の安定を手にすることができ、収入もそれなりにあったにも関わらず、やりたい仕事ではなかったこともあり、心の空虚感と言いますか…どこか心が満たされない状態で働き続けていました。

きっと過去の私のように「何となく」で仕事をしていらっしゃる人は多いと思います。しかし、今の私は違います。今は「自分がやりたい」と思える仕事を毎日することができ、充実感で一杯です。

このように、目指す進路によっては「やりがい、使命感、喜びを感じる仕事」に就くことできますので、娘様の魂的にも「やりたいと思える仕事」に就かれた方が良いと思います。しかし…その進路は、△△学科とは関係のない道になるため「割り切る勇気」「新しい環境へ踏み出す覚悟」が必要になります。

前置きが長くなり申し訳ございません。

それでは「娘様の向かうべき進路(方向性)」についてご説明をさせていただきますね。

目次

動物に関する仕事が適職

「動物に携わるお仕事」は娘様の適職になります。

大学でとりあえず意味を持たせる為に〇〇部に入部したとのことですが、とりあえずでも動物に携わる道をお選びになっているのは、娘様の魂が目指している方向に進んでおられるからだと思います。

動物と関わっている最中に怪我をしたことで関係が薄れてしまい、考え方によっては「方向性が間違えているからそのようなことが起きたのではないか」と思うかもしれませんが、そうではありません。

娘様には因縁の力が働いております。因縁の力が働くと、体調不良だけではなく「物事が上手く進まない」ということが起こりますので、「方向性としては合っているが因縁によって動物との関わりが減るように仕向けられた」という可能性も否定はできません。※因果の件につきましては、こちら(続き)の中で詳しいご説明をさせていただいております。→親の因果が子に報う【原因不明の体調不良】因果を解消する3つの方法

娘様の大事な進路ですし、慎重に鑑定を進めさせていただきましたが「動物に携わる仕事」が一番合っていると感じました。それを証明することはできないため私の言葉のみとなり恐縮ですが「動物関係の部に入られたことは間違いではない」とハッキリお伝えしたいですし、因縁を受けながらも“動物”という方向性を見失わずに歩めているということは「視えない存在にしっかりと導かれている」と言えます。

動物に携わる仕事が適職の理由

娘様の魂に焦点を当てていきますと『動物に携わる事で愛を学ぶ』という課題を感じました。

動物と心を通わせることで、娘様自身が癒されることも大きなメリットですが、動物を通じて『与える愛を学ぶこと』が魂の目的のように思います。

多くの女性は、母親になると我が子に愛情を注ぎ母性を育てますが、娘様の場合その対象が我が子のみならず、動物を対象にしています。動物に関わる仕事を好んでされている方は、娘様と同じような課題を持っていらっしゃる方が多く、動物を通じてたくさんの愛情を学ばれています。

では、ペットとして飼う形でもいいのか?

娘様の魂的には、ペットだけでは満足できません。

なぜなら、娘様は一般の方とは違い「動物を通じて愛を学ぶ」という課題がある為、ペットとして飼うだけではなく、より多くの動物に携わりたいと思っているからです。

動物に指定はありませんが…
・娘様の好きな動物
・かなりの数の動物と関われること
がポイントであり、そうすることで娘様の中にある母性がどんどん引き出され「動物と共に学び、無償の愛を与える」という課題を乗り越えることへと繋がります。

無償の愛とは?

「見返りを求めない愛(大我の愛)」のことを言います。我が子に見返りを求める親はいますが、ペットに見返りを求める飼い主はいませんよね。これが無償の愛です。

そして、それを可能にするのが「動物に携わる仕事」になります。

動物に携わる仕事は娘様の心を癒す

動物に携わる仕事に就くと、仕事をしながら娘様自身が癒されます。そのため、仕事をすることに憂鬱な感情を抱くことはありませんし「早くあの子に会いたいな」というように、出勤して動物に会うことが待ち遠しくなると思います。(=仕事に行くのが楽しくなる)

動物と関わる中で怪我をし原因不明の体調不良になったのは災難ですが、休む時間を強制的に与えられ、自分の将来を冷静に見直すきっかけになり、「動物に携わる仕事がしたい」と思えるようになったのであれば「軌道修正の為に必要な通過点であった」と捉えることもできます。

もし、何事もなく大学を卒業し、どこかの大企業に就職してから「動物の仕事がしたいな」と思っても、お優しい娘様のことですから親御様への感謝もあり、なかなか言い出せない可能性もあります。

未来は決まっていませんし、この鑑定が正しいとも限りませんが、今この早いタイミングで進路を定めるチャンスを与えられたのは良かったと思います。

△△学科とは全く関係ない世界になりますが、動物と携わる仕事が娘様に幸せを運んでくれると思いますので、一度娘様と「動物と携わる仕事」に興味がないか話し合ってみてはいかがでしょうか。

※補足※
人間は腹黒く、打算的な思考や欲望に満ち溢れていますが動物は違います。動物は本能のままに生き、本能のまま(純粋)人と向き合ってくれますので、娘様の不安な気持ちも軽減しますし「この子(動物)には私が必要なんだ」という強さが生まれると考えられます。バイト先でどのような辛い経験をされたのかは分かりませんが、動物と関わることは娘様にとって生きるエネルギーになりますので、いつかきっとバイト時代の辛い経験も乗り越えることができると感じます。

動物に携わる仕事なら基本的に何でもOK

動物に携わる仕事と言っても様々ですが、基本的にどの仕事でも課題に沿っていると思います。

例えば、飼育員、ペットショップ、ペットカウンセラー、ペット看護師、ドッグカフェ、猫カフェ、ペットサロン、他にもあると思いますが、娘様がやってみたいと思う仕事であれば問題ありません。

ただし、動物と言っても哺乳類が対象になります。犬や猫のように人に懐く動物になりますので、その点だけはお間違えの無いようにお願いいたします。

親御様としては、せっかく大学に行かせたのに…というお気持ちもあるかもしれませんが、娘様がもし動物に携わる仕事がしたいと仰ったら、是非応援してあげてほしなと思います。

親御様としてできることは「ヒントを与えてあげること」だと思いますので、動物に携わる仕事で娘様が好みそうなものをピックアップしてお話をしてみてください。きっと興味を持ってくださると思います。

続く→親の因果が子に報う【原因不明の体調不良】因果を解消する3つの方法

目次