40代男性…仕事が続かないその訳とは?(旧鑑定規定)

仕事の悩み
この記事は約20分で読めます。

メール鑑定ご相談内容

■メール鑑定の種類:本鑑定
■お名前:健太郎さん(仮名)
■年齢:40代前半
■性別:男性

はじめまして。モヤモヤした気持ちでスピリチュアル系のおすすめサイトを探していたところ、こちらのサイトにたどり着き、記事と写真を拝見するうちに、ぜひ相談しなければ!と思いご連絡しました。

ご相談したい内容ですが「心を強く、自信を持って、楽しく生きるには、どうすればいいか」です。

以下に、対人関係や仕事、コミュニケーションのことなどを長々と書いていますが、結局のところ、自分の心の弱さや自信のなさ、消極性が原因なのかと思いました。あいまいなご相談で申し訳ありませんが、自分でも何を悩んでいるのかはっきりしていません。お手数ですがアドバイスのほどお願いします。

私は他人との関わりをなるべく避けたいと思っています。他人の言動や自分の言動から、自分自身の嫌な面に気付かされるのがつらいのかなもしれません。自信のなさの反動からか、自分の正しさを主張したり傲慢な態度をとったりして、余計に嫌な気分になりますが…。又、他者に対する警戒心が強く、身内や友人に対しても完全に心を開くのは難しいと思っています。

仕事が続きません。嫌なことがあると辞める理由を探してしまいます。現在も実家で貯金を切り崩しつつ資格取得へ向けて勉強していますが、その資格も興味ありません。単に前職の延長で取ろうとしているだけです。

生きること自体にも楽しさはありません。まれたから生きているだけで、やりたいこともありません。その反面、生きがいを持って生きていたいと願う自分もいます。モヤモヤしているのですが、何をしていいのやら分かりません。

自分の思っていることもうまく表現できないと感じます。特に家族に対しては、きちんと説明しようとすればするほど、回りくどいとか分かりづらいと言われて、腹を立てることが度々あります。

人間として生まれた以上、社会の一員として生きなければいけないというのは理解しています。ただそれがひどくつらいことだと感じていて、できることならこんな現実から逃避したいという望みがあります。

その一方で、どうせ生きるなら楽しく充実した人生を送りたい。世の中にはそういう風に生きている人がいるらしいし、同じ人間なんだから自分にもできるはずだ、という望みがあります。

メール本鑑定結果

なぜモヤモヤするのか

「なぜモヤモヤするのか」それを一言で申し上げるなら、魂が目的としている生き方と、健太郎様の生き方に大きなズレが生じているからです。

魂の目的と違う生き方をしているのですから、モヤモヤするのはもちろんのこと、何のために生きているのかわからないと感じるのは自然な感情です。

例えるなら、夢を叶えるために上京してきたのに、借金をしてからというもの、夢を諦め返済に追われる日々「俺は一体何しに東京へやってきたのだろう…」そんな時に感じる虚しさと似ています。

ではどうすればいいのか?
それは「軌道修正をすること」です。

具体的な軌道修正の方法(方向性)につきましては、鑑定結果の後半でご説明をさせていただきますね。

自信がない理由

自信が持てないのは、本来の生きるべき生き方ができていないことが原因です。

神様は、健太郎様の本来あるべき姿を私に視せてくれるのですが、それはそれは自信に満ち溢れており、自分の仕事に誇りを持ち、自分をプレゼンできるくらい輝きを放っています。その姿は逞しく勇敢であり、今の健太郎様とは別人かもしれません…。しかし、今の健太郎様もそのようになれる資質を持っており、本来そうなるべきお方です。

「自信がない」とおっしゃっておりますが、お写真を拝見する限りでは、本当に自信がないわけではないと思います。「自信はあるのだけれど、どこに向かえばいいのかわからない…」という心境ではないでしょうか。

向かうべき方向性がわかれば必ず変わります。

他人に心を開けない理由

他人に心を開けないのは、自分の優れている箇所に気づいていらっしゃらないからです。

心を開けないのは自己防衛のためにそうなるのですが、この点を克服するには、仕事などで何らかの成功を形として残さなければなりません。

例えば、健太郎様が実業家で立ち上げた事業が成功したとしましょう。自分にはそれだけの経歴があるという事実があるだけで、180度変わります。心を開けないどころか、自分から相手に心を開かせようとグイグイ迫っていくほど社交的になります。

結局のところ他人に心を開けないのは、健太郎様の性格が…という問題ではなく「人に胸を張って言えるような経歴がなかったり、胸を張れるような生き方をしていない自覚があること」が原因です。言い方を変えると、それだけ客観的に自分を見つめているということであり、このままではいけないという自覚を持っていらっしゃる証拠です。

自信のなさの反動からか、自分の正しさを主張したり傲慢な態度をとったりしてしまうのは、そんな自分を見透かされるのが嫌で、大きく見せたいという防衛本能のようなもの…。それだけ今の状況がよくないと感じており、自分自身を恥じていらっしゃいます。

方向性が見えて目標に向かって歩き出すと、結果も出るようになります。すると、大きく見せる必要もなくなるので謙虚さが芽生えますし、自分自身を恥じることもなくなるので、他人に心を開けるようになります。

人に誇れる生き方をすれば、この問題も解決します。結局のところ、魂の目的に沿って生きるようになると、この度いただいたご相談のお悩みはすべて解決します。又、健太郎様のように変わりたいと思う段階に到達できた人は必ず変われますし、本来の生き方に戻ることができます。そこからが本当のスタートです。

楽しく生きるには?

楽しくいきるには、健太郎様が本来すべきであろう仕事に就くことです。それにより今回いただいたお悩みはすべて解決します。

冒頭で述べました『神様は健太郎様の本来あるべき姿を私に視せてくれる』という部分ですが、その姿はスーツを着た営業マンです。

私は以前、住友不動産販売でマイホームを売ってもらいました。その時担当になってくださった営業マンは、一目見た時からやり手だとわかりました。仕事以外の雑談は少なく、言葉数の少ない営業マンで、冗談を言って笑わせるタイプでもありませんでした。ただ、仕事に対する姿勢が良いのは直ぐにわかりましたので、信頼のおける営業マンだと感じ心を開くことができました。

こうして瞬時に信頼を勝ち取るのは、営業マンとして有力な武器になります。そして、このような信頼をにじみ出すのは、真似をしても簡単にできることではありません。できない人は一生できないでしょう。ですので、生まれ持った資質がとても重要になります。

実は、健太郎様にもその営業マンと同じように『人に信頼される資質』をお持ちですので、その資質を武器に出来る営業の仕事をすると結果に繋がります。

健太郎様も寡黙なタイプですし、じょう舌に話すタイプではありません。コミュニケーションもどちらかと言えば苦手なのはわかります。しかし、仕事のトークであればできますよね。むしろ、じょう舌なタイプではないからお客様に信頼される営業マンになり、営業成績もよくなるので、自信を持って仕事ができるようになります。

仕事がうまくいくと、自分自身を高く評価できるようになるので「心を強く、自信を持って、楽しく生きる」ということがすべて可能になります。本来、健太郎様はそうあるべきなので、必ずそのようになれます。

前職や取得しようとしている資格は何でしょうか?

前職や資格がエンジニアのような技術系であれば、それは健太郎様の道ではございませんので、やる気が起きないのは当然です。

資格取得とおっしゃっているので営業系ではないと思いますが、もし営業系であれば、その資格が本当に「人の役に立つものかどうか」で判断しなければなりません。

自分を売り込み「自分を認めてくださったお客様に幸せを提供できること」が生き甲斐になり、それが本来あるべき姿になります。

ネットで検索すると営業にも色々種類があるようですが「人を幸せにするもの」という部分がブレなければ、扱う商品は関係なく、健太郎様は力を発揮することができます。

※営業の職種※
訪問販売、飛び込み営業、法人営業、個人営業、メーカー営業、代理店営業、海外営業、医薬営業など

ちなみに…商品を売ったりはしませんが、幸せを提供するという意味では弁護士も含まれます。

繰り返しになりますが、ポイントとなるのは「人に幸せを提供する仕事」です。私の担当をしてくださった住友不動産販売の営業マンは、家を売ることで私の人生を大きく変えてくださいました。家が売れなければ、私は今の幸せを手にしていません。家が売れたおかげで人生をやり直すことができて、今でもとても感謝をしています。きっとこの先、営業マンの名前を忘れることはありません。

この話を聞いて、健太郎様はどう思われましたか?「自分もその営業マンのように誰かを幸せにしたい」と感じませんでしたか?その気持ちこそが、健太郎様の本来あるべき姿です。

自分のために仕事をしようとすると、運命の歯車が狂い今の状態に陥ります。「人に幸せを届けられる仕事をする!」というようにシフトチェンジをすることで、歯車はうまく回りはじめ「心を強く、自信を持って、楽しく生きる」ことが可能になります。

魂の目的

健太郎様の魂は「人を幸せにしたい」と思い、この世に誕生しています。その生き方ができるまでは、本来あるべき姿ではないので、生きている意味がわからなくなりまます。

営業マンのように、他人と直に関わる仕事で興味の持てるものはないか?その視点で就職先を探してみてください。他人の幸せに自分が関わっていると直に感じることが最も大切ですし、それが魂の目的にもなります。

営業マンは向いていないと思うかもしれませんが、ご自身で思っていらっしゃる以上に出来ますし、驚くほど早く結果が出るようになります。

万が一、営業マンの経験があって、自分は向いていなかったと思うなら思い出してほしいのですが…その営業が「本当にお客様の幸せに繋がると思っていたかどうか…」その想いがなければ、営業といえどもうまくいきません。

何よりも大切なのは「他人の幸せに自分が貢献できているかどうか」になります。その点に自信を持てる仕事であれば成功しますので、魂の目的に合っています。

これらのことを踏まえて、今後の方向性について考え、実行に移すことができれば、迷走状態から必ず脱することができますので頑張ってください。

以上が本鑑定結果となります。
参考になりましたら幸いです。
この度はご用命いただきありがとうございました。

メール鑑定結果へのご感想

早速の鑑定、ありがとうございました。感想を送らせていただきます。
長文乱筆で申し訳ありませんが、ご確認いただければと思います。

また文末にも書きましたが、可能なら追加質問させていただきたいと思います。ご検討のほどお願いいたします。

【感想】
①自分の人生に希望があると言ってもらったようで、勇気づけられました。
②向いている仕事は正直なところ「うーん」と唸ってしまいましたが、同時に一つのことを思い出しました。

①について。
今回ご相談するにあたり、相談内容を文章に起こしながら自分なりに「要は何が問題なんだろう?」と考えをまとめることができました。対人関係や仕事の行き詰まり感はあるけれど、きっと根本的な原因があるはず、という整理はできたと思います。その結論としての質問でしたが、「じゃあ具体的にどうすればいいのか?」というのが分かりませんでした。

鑑定していただいた結果、本来すべき仕事につけば、おのずと結果がついてきて、自信を持って楽しく生きられる、ということを教えていただいたことが嬉しく、希望があると分かって勇気づけられました。

②について。
営業職という文字を見て、正直なところ「うーん」と唸ってしまいました。やったことがないのでイメージでしかありませんが、知らないところへアポなしで訪問し、話をまともに聞いてもらえるかどうかも分からない。自分が自信を持ってお勧めする商品ならまだしも、そうじゃないものを分かったかのように売るのはだましているようで耐えられない。自分はコミュニケーション苦手だし。そういったイメージがあるので営業職なんてありえない!という先入観があります。

ただ、それと同時に思い出したのが、昔は人と人をつなぐのが楽しかった、ということです。東京で事務職をやっていたころは、この人とこの人を繋げたら面白そうだなーと思いながら、せっせと飲み会を設定していました。営業職はモノを売る印象ですが、人と人とをつなぐというのも、営業職としての切り口の一つかもしれない、と感じました。今後の参考にさせていただきます。

ところで、鑑定の中で「前職や取得しようとしている資格は何でしょうか?」とのことでしたが、前職は高齢者の福祉施設の施設長。取得しようとしている資格は、社会福祉士です。

施設長としてはやる気が起こせず、やらされている感しか持たなかったので、理事長と現場との板挟みに耐えられず退職した感じです。又、社会福祉士は相談援助の専門職で、病院や福祉施設での相談窓口役が多いのですが、中には独立して地域の福祉相談や成年後見をしている人もいます。

今のところは、この独立型社会福祉士を目指しています。又、老後に備えたいという人に対して、お金と福祉という切り口で仕事ができないかなという思いもあります。2000万持っていても「老後の資金としては足りない」と言われている中、どういう解決法があるのかはわかりませんが…。

それとここ1か月くらい、弁護士にも興味が湧いていたところでしたので、鑑定結果を見てうれしいのと同時に、そういうのでもいいんだな、という安心感もありました。

鑑定内容のうち、よろしければ仕事のことについてもう少し掘り下げて質問させていただきたいのですが、よろしいでしょうか?
お願いできるのであれば、鑑定内容に沿って自分の考えを整理したうえで、改めて質問させていただきたいと思います。

ご検討とご返信のほど、お願いいたします。

ご感想への返答

お世話になっております。お忙しい中、鑑定結果へのご感想をいただき誠にありがとうございます。

【営業について】
「やったことがないのでイメージでしかありませんが、知らないところへアポなしで訪問し、話をまともに聞いてもらえるかどうかも分からない。自分が自信を持ってお勧めする商品ならまだしも、そうじゃないものを分かったかのように売るのはだましているようで耐えられない。自分はコミュニケーション苦手だし。そういったイメージがあるので営業職なんてありえない!という先入観があります。」

ご説明が不足しており申し訳ございませんでした。鑑定結果内では営業の説明として「飛び込み営業」という文言を書かせていただきましたが、健太郎様に向いているのは「アポあり営業や店舗内営業」です。要は、お客様からのご要望があった上で、それに応える営業スタイルが向いています。

例えば、車のディーラーや住宅販売などのように、お客様からのニーズがあった上で、営業接客を行なうスタイルです。

ですので、健太郎様自身が自信を持って商品を勧められる会社を選べば、お客様を騙す罪悪感もないですし、お互い幸せな結末を迎えることができます。

(向いていない営業)
訪問販売・飛び込み営業

(向いている営業)
アポあり営業・店舗内営業
強いて言うなら外回りのアポあり営業になります。

【ご質問について】
「鑑定内容のうち、よろしければ仕事のことについてもう少し掘り下げて質問させていただきたいのですが、よろしいでしょうか?」

はい大丈夫です。ご質問お受けさせていただきます。

鑑定結果へのご質問

お世話になっております。
早速ですが、鑑定結果のうち、仕事に関する質問を送信させていただきます。やり取りさせていただくたびに、だんだんと文章が長くなっていて、なんだか申し訳ありません。読むのも一苦労だとは思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

【質問】
①自分なりに考えてみた職業やキャリアについて、それがどうなのか。
②門次郎さまから見て、私に良いと思われる業種はなにか。
③就業のタイミングや場所について。

①自分なりに考えてみた職業やキャリアについて。
鑑定結果をもとに、どういう仕事がいいのか考えてみました。教えていただいた「人の役に立つ」、「幸せに貢献できる」、「営業職(人と直に接する仕事)」というキーワードに加えて、自分の興味や職歴、今勉強していることなどを踏まえて、考え付くものを挙げてみました。どう思われたかお教え願います。

●社会福祉士事務所で社会福祉士として働く。
社会福祉士として、個人や行政、企業などと契約して、福祉相談や成年後見、講師などを行います。

●ファイナンシャルプランナー(FP)の事務所で働く。
年配の方々の、老後資産への関心は高くなりつつあるように思います。以前興味があってFP3級は取ったので、これに現在勉強中の社会福祉士も持っていれば、面白いんじゃないかと思いました。来年はFP2級を取ろうかと思っていますし、私自身、お金に関する学びは楽しいです。例えばあちこちの公民館にお呼ばれして、地域の方々にお金・福祉のお話をしたり、個人的に相談に乗ったり、というイメージでしょうか。

●法律事務所で社会福祉士として働きつつ弁護士を目指す。
認知症等で判断力の低下した人の財産管理や契約代行などを行うのが成年後見人ですが、社会福祉士ができるものには限りがあります。法律の勉強をするのは楽しい(ラクではありませんが)ので、将来を考えてそういう道もありかなと思いました。友人が働きながら弁護士を目指して勉強している、というのもあります。

●〇〇会社(/////URL/////)で営業職として働く。
営業と聞いて、この会社のことを思い出しました。10年くらい前に参加した合同企業面談会で印象的だったのが、この会社の社長さんでした。それっきりだったのですが、2018年に◯◯県の福祉の研究大会に参加したところ、この会社がブースを出展していたので、頭に残っているのかもしれません。

●病院や施設の相談員として働く。
利用相談の受付窓口役です。施設で例えると、入所時は施設の特徴や料金の説明、入所中は本人や家族からの相談受付、退所間近にはサービスの調整や関係機関への連絡を行います。また営業活動も必要で、ベッドをなるべく埋めておくため、病院等へ電話・訪問して紹介してもらうこともします。→前職で2年間やりましたが、全然ダメでした。やる気も起こらず精神的に落ち込んでいました。

選ぶ基準は「人の役に立つ」が一番であることは理解したつもりです。門次郎さまに相談する少し前にも、「自分のことばかり考えるからいいことないんだ。“わたしが、わたしが“ではいいことない」と思っていたところです。

と言いつつも、
・自分の思うさまに仕事をしたい。人からあれこれ言われたくない。独立したい。将来独立のためなら、下積みとして頑張れる。
・他人をまとめ上げ、同じ方向を向いて仕事するのは難しい。人数が多くなるほど無理。
・自信を持って仕事をしたいけれど、人の仕事まで保証できない。
・管理者は部下の仕事に責任を取るのが仕事、というのは分かっている。けれど正直、やってられない。
・職種で選ぶよりも、仲間で選んだ方がいいのではないか。
という思いがあります。他人も自分もどちらも同じだけ大切。要はバランスだと思うのですが、難しいですね。つい自分の方が重くなります。

上記5つの中で選ぶとしたら2番目か3番目、避けたいのが5番目です。けれど下積みで期間限定なら5番目もアリだと思います。そもそも人で選んだ方がいいんじゃないか。福祉にこだわる必要はないが、せっかくキャリアがあって資格も勉強しているから活用したい、という気もしています。

ちなみにこれまでは、事務職(原子力分野)→自動車組立→工場内検査員(溶接部位の検査)→事務職(ニート支援)→管理職(福祉)という仕事をしてきました。営業とは違いますが、一番楽しかったのは工場内検査でした。

②門次郎さまから見てよいと思う業種は。
私の興味云々は別にして、門次郎さまが良いと思われる業種(例えば車のディーラーとか住宅販売とか)を教えていただけるとありがたいです。どうにも私は、自我が強すぎて自分のことが見えなくなっているような気がします。

③就職のタイミング、場所など。
社会福祉士は、中途半端に放り出さず取得したいと思っています。できれば10月くらいまでは今のまま、自宅で勉強したいのですが、就職のタイミングはそのあとでも大丈夫でしょうか。

私自身、就職場所は日本全国どこでもいいと思っていますし、あちこち行きたい方でもあります。人にいろいろ言われたくないし、独身生活が長いせいかマイペースを崩されるのが嫌です。
両親は自由にしていいと言いますが、本心では近くにいて欲しいと思っていると思います。また最近、親がだんだんと年老いる姿を見るにつけ、今のうちに何かしてあげないと、できなくなって後悔したくない、という気もします。その一方で、現在同居中ですが、近すぎるのも嫌だなと感じています。

ご質問への回答

質問①自分なりに考えてみた職業やキャリアについてそれがどうなのか

▽社会福祉士事務所で社会福祉士として働く▽
私の認識が間違えていなければ、これを選択されますと前職の二の舞になる可能性があります。施設など建物の中で納まるお仕事は二の舞になる可能性があります。社会福祉士事務所という空間の中で仕事をすることが合っていないので、そのこと自体がストレスに感じるようになるのでよくありません。

▽ファイナンシャルプランナー(FP)の事務所で働く▽
ファイナンシャルプランナーは、外回りのお仕事があるのですね。こうしたお仕事こそ健太郎様に向いております。経営コンサルタントのようにアドバイスをしたり、弁護士のように専門家ならではのアドバイスしたり、こうしたお仕事は適職になります。知的な感じや先生のような立場でアドバイスのできるお仕事に魅力を感じ、遣り甲斐を感じます。直にお客様にアドバイスをし、それにより人を助けられるのでとてもいいです。

健太郎様は、自分の価値を他人に感じてもらうことが生き甲斐になるため、「先生のおかげで助かったよ」「先生がいなかったどうなっていたことか…」こうした声に深く感動を覚え、遣り甲斐や生き甲斐を感じます。こうした声が直に聞けるお仕事が合っているので、営業職が合っていると申し上げました。また、スーツ姿で仕事をしている姿が視えるので、そこもポイントです。

▽法律事務所で社会福祉士として働きつつ弁護士を目指す▽
ファイナンシャルプランナーと同様に弁護士も向いております。弁護士になりたいという熱い想いがあれば時間をかけてでも弁護士を目指すとよいと思いますが、現時点では弁護士をお選びにならないように視えますので、それほどの熱い想いはお持ちではないかもしれませんね。弁護士よりもファイナンシャルプランナーが色とても濃く視えております。私としてはファイナンシャルプランナーをお選びになるように思います。

▽〇〇会社(/////URL/////)で営業職として働く▽
こちらは健太郎様の肌に合いませんので、ここで働いても、なにか違うような腑に落ちない感覚に襲われます。その結果、自分には合わないという結論に至ると思いますので、候補に入れるべきではないと思います。

▽病院や施設の相談員として働く▽
前職でダメだったのは、向いていないからダメだっだだけです。健太郎様はマニュアルに沿ったお仕事は向いておりません。そういう意味では、マニュアル化された相談員の仕事、毎日同じ建物内での仕事でもありますので、施設の相談員というお仕事はまったく適しておりません。

ですので、お客様が抱える問題に対して対応策がいろいろある中で、どれを選択するというマニュアルのない中、健太郎様の器量でお客様の問題を解決に導いていけるようなお仕事でなければなりません。

マニュアルに沿って動くではなく、自分の考えで動ける仕事が向いているので、ファイナンシャルプランナーや弁護士のように、自分の頭を使って解決策を提示できる仕事が向いています。自分の考えでやりたい意思が強いので、独立が向いています。

質問②門次郎さまから見て、私に良いと思われる業種はなにか

もう既に出ていますが、ファイナンシャルプランナー、弁護士、コンサルタントなどになります。物販営業であれば不動産などの高額取引が行われる営業です。いろいろな業種をお聞きになりたいのかもしれませんが、ファイナンシャルプランナーが出てしまうと、これに敵うものはありませんし、ファイナンシャルプランナー一択と言っても過言ではありません。

質問③就業のタイミングや場所について

就職のタイミングは資格取得の後でも大丈夫ですので、ご自身のタイミングで決められても大丈夫です。場所につきましては都心部でお仕事をされている姿が視えるので、都心部に良いご縁があると思います。都心部を狙って就職活動を行ってください。何県のどこという指定はございませんが、オフィス街があるような都心にご縁があるようです。長崎でいえば長崎市街、九州で言えば福岡市街になりますが、福岡市街ほどの都会ではありません。都会過ぎない都会を選ぶことがポイントです。

ご質問の回答へのご感想

いつもながら早速のご対応、ありがとうございます。

そして、私の希望した職種を勧めていたことも大変嬉しく思います。聴きたい言葉を言っていただいた、それでいいんだと背中を押していただけるというのは、とてもありがたいことです。

言っていただいたように、ファイナンシャルプランナーと社会福祉士を掛け合わせて、独立目指して頑張ろうと思います。

後出しじゃんけんみたいになりますが、社会福祉士を取った後、学校で講師(先生)をしようかとも考えていました。もしくは、コンサルもいいなーというイメージも持っていました。

また限定された空間の中で、マニュアルに沿ってする仕事が合わないというのは、本当にその通りだと思いました。自分でも感じていたことを言ってもらえたことで、きちんと認識できました。

さすがよくわかっていらっしゃる!と感心しますし、分かってもらえたという嬉しさもあります。

今回、ご相談させていただけて本当に良かったと思います。なるべく自力で解決したいという思いもありますが、それでもダメな時はまたご相談させていただけるとありがたいです。

また同じ人間どうし、同じような悩みを抱えている人がいるかと思います。今回のご相談が皆様の役に立つことを願っています。

今後とも、門次郎さまのご活躍をお祈りしています。