天罰が下る人と下らない人の違いとは?バチが当たらない人がいる一つの理由

天罰が下る人と下らない人の違いとは?バチが当たらない人がいる一つの理由因果応報
この記事は約6分で読めます。

天罰があると思う方、天罰がないと思う方、様々いらっしゃると思いますが、あなたは天罰についてどうお考えでしょうか?

皆様にも、「なぜあの人には天罰が下らないの?」と思った経験があると思います。

この記事では天罰が下る人がいる一方、下らない人がいる理由について、スピリチュアルカウンセラー門次郎がお話をさせていただきます。

天罰が下らないと思っている人は結構いますよね?

まじめに生きている人が苦労して、どうして道徳に反した人が何事もなく生活しているの?

それどころか、人を騙して踏み台にするような人が、どうして楽しそうに生きてるのだろうか?

人に迷惑をかけて傲慢に生きる人は、「天罰などあるわけがない」と思っているから傲慢な振る舞いができます。逆にそういう人から傲慢な態度を取られている人は、「どうしてバチが当たらないのだ…」と思うと思います。

実際にご相談を受けていても、「私ばかりが不幸になって、私を不幸にした人にどうしてバチが当たらないのですか!」と、聞かれることがあります。

こうした理不尽な出来事は、誰もが経験していると思いますので、「天罰などない!」と思う方が多いのは当然のことです。

実際私もそのように思っていた時期がありましたので、そのお気持ちは十分にかりますが、永遠に天罰が下らない人はこの世に一人もいません。必ずどこかのタイミングで天罰が下ります。

その理屈をご説明するには、そもそも天罰とはなにか?ということをご理解いただく必要があるので、天罰について簡単に説明をさせていただきます。

そもそも天罰とは何か?

天罰は神様がバツを与えていると思っている方がいらっしゃると思います。これは私の見解ですが、天罰を下しているのは神様ではありません。

スピリチュアルな観点から申し上げますと、厳密には神様が罰を与えるのではなく、因果の法則(因果応報)により自然と報いを受けることを、「天罰が下る」というのだと思います。

神様は私たち人間とは違い、もっと高いところからこの世を見ています。こんな事を言うと人格を疑われますが、人の悪事も気づきを得る為に必要な過程と考えているはずです。

この世には因果応報の力が働いていますので、悪いことをしたら悪いことが返ってきます。悪い出来事として返ってきて初めて人は、「あの時の悪事が原因だ…」と深く反省し魂に刻みます。

「悪いことをする」→「悪いことが返ってくる」→「深く反省して更生する」こうした流れを学ぶ為にこの世があるので、悪事には悪事なりの学びがあるということになります。

天罰とは、神様がバチを与えることではなく、因果応報の力が働くことを天罰と言うのだと私は思っています。

天罰が下らない人がいる一つの理由

結論から申し上げますと、天罰が下らない人はこの世に一人もおりません。

ですが、天罰が下らないように見える人がたくさんいるのも事実です。

でも、天罰は必ず下ります。

どうして天罰が下らないのか?

それはまだ、今は泳がされているからです。

人はこの世に魂の欠点を正す為に修行にやってきますが、魂の持つ悪意を消し去るには、悪意を持ってはいけないということを身を持って経験しなければなりません。

悪意を消し去るには、「あの時の悪事が返ってきた…」と深く反省する必要があります。この世は因果応報、悪業を積まなければ、悪い出来事が返ってきません。その為に悪業を溜めていきます。

要するに、未来で深く反省する為に、悪業を積んでも泳がされる期間があります。

その泳がされている人を見て「天罰などない」と感じてしまうのです。

キツイ天罰が必要な人ほど長い間泳がされてバチが当たらない

皮肉なことですが、悪い人ほど長い間泳がされるので、ずっと天罰が下りません。

軽い警告で改心する人にキツイ天罰は必要ありませんよね。ですので、心の綺麗な人ほど因果応報は直ぐに返ります。そして、直ぐに反省して改心しますので真っ当な生き方をされます。

逆にキツイ天罰がないと改心しない人は、悪業を溜める期間が設けられるので、悪事を働いても直ぐには返ってきません。より大きな天罰を下す為に長い間泳がされ、悪業が蓄積されてから一気に天罰が下ります。

「私は直ぐにバチが当たる」という方は、それだけ悪い業を溜めていないということなります。バチはその都度当たった方がよく、バチが当たらないのは本当に怖いことです。

今世でバチが当たらない人はいるのか?

極端な話、今世は悪業をたくさん積んで、来世で反省するという人生の方もいらっしゃいます。その場合、天罰が下らないまま今世を終えることになります。

その場合、カルマ(悪業)が消化されることなく来世に持ち越されます。悪業を蓄積したまま来世を迎えることになります。

溜めに溜めた悪業が返ってくる人生がどうなるのか想像つきますよね。私たちの魂は今世一回きりではありません。魂の長い歴史を考えると、徳を積んだ方が絶対に良いです。

天罰が下らずバチが当たってないように見える人は逆に不幸で、過ちに気づかなかった報いを来世でまとめて受けることになります。

カルマは蓄積されるよりも、その都度消化されたほうが本人にとっては幸せなこと。間違いに気づき、早く正せば傷は浅くてすみます。

誰かのことを憎んでいたとしても、遅かれ早かれその人には必ず天罰が下るので、あなたの心を復讐心や妬みで埋め尽くさないようにしてください。

天罰を願う想いが自分に天罰を与える

復讐して憂さ晴らしをしたとしても、それは一時的な自己満足に過ぎません。負のカルマを背負ったあなたはいずれ天罰を受けることになります。

また、誰かを恨む感情も、因果の法則により自分に返ってきます。想いも因果応報で返ってくるので、「あいつに天罰が下れ!」と願う行為は、その感情が形となり、あなたに返ってくるので注意が必要です。

「あいつに天罰を下したい!」と思っても、その感情はあなたにとってマイナスにしかなりません。

あなたが手をくださないことはもちろんのこと、そこに気持ちを向けるよりも、自分が幸せになることに気持ちを向けたほうが充実した人生を送ることができます。

人には感情があるのでなかなか難しいことですが、恨んでも自分に返ってくるだけですので、人の不幸を願うことはしないようにしてください。

天罰は気づきの為に必要な経験

天罰は、結果的にバチが当たって苦しめられることになりますが、「それはいけないよ」という「気づき」のために与えられます。

やったことに対してだけ天罰が下りますので、つまりは「身から出た錆」が天罰です。

悪いことをすればバチが当たり、バチが当たってはじめて痛みを知り、改心するきっかけができます。

すなわち、天罰が下っていない段階での反省は本当の意味での改心ではありません。天罰があるからこそ人は真っ当に生きる大切さがわかります。

天罰とは、人が正しい生き方をするため、善意を身に付ける為の気づきです。

今世で天罰が下るとは限りませんが、魂という長い歴史のなかで必ず天罰は下ります。

「天罰は必ず下る!」ということにいち早く気づくことで、その後の生き方が変わり、未来は変わっていきます。

良い種を蒔いて人生を輝かせましょう。

天罰は人格を向上させる

「天罰が下った」と思う苦い経験は、人の成長に絶対に必要な経験です。

天罰が下った人にしか見えない景色があり、それを知らずに成長できません。

ですので、天罰が下ったと思う経験をしても、それを教訓にすれば失敗ではなく成功です。

いざ天罰が下った感じる経験をした時、罰が当たった運の悪さを憎むのではなく、未熟だった自分を省みることが大切です。

天罰は人格向上の為に必要な因果応報です。変な言い方をすると、人は人格を向上させる為に悪業を積んでいるとも言えます。

今はどんなに素晴らしい人格者でも、生まれ変わる中で天罰の下った経験を繰り返しています。その経験があるから今は正しく生きられます。

バチが当たったと思う経験をしたら、心を改めて成長に繋げましょう。その結果人格者へと近づき、幸せに近づきます。

自分の幸せ、誰かの幸せの為にも、徳を積んでいきましょう。