魂年齢の高い人と低い人の特徴・魂レベルの違いが人格に大きく表れる

魂年齢の高い人と低い人の特徴・魂レベルの違が大きく性格に表れるスピリチュアル
この記事は約7分で読めます。

スピリチュアルを学ぶと出てくる魂年齢(レベル)という言葉。

私たちの年齢には、この世の年齢である「実年齢」と、魂の年齢である「魂年齢」があることをご存知でしょうか。

簡単に言えば、魂年齢が高い人ほど善意に満ちており、魂年齢の低い人ほど悪意に満ちています。

この記事では「魂年齢の違いによる特徴」について詳しくお話させていただきます。

魂年齢とは?

魂年齢とは、そもそも何のことを指すのか?

魂年齢とは何度生まれ変わったのかを示す年齢のことです。

私たちは、魂の成長を願い輪廻転生を繰り返しています。

つまり、「輪廻転生の回数=魂年齢」ということになり、回数が多いほど魂年齢が高くなります。

何度も生まれ変わっているほうが、この世の経験も豊富、経験が豊富な魂ほど人格者になり得るということです。

この世には、いろいろな魂年齢の霊魂が混在しています。

初めてこの世に誕生した魂もあれば100回、1000回、と輪廻転生している魂もあると考えられます。

100年しかこの世を経験していない魂もあれば、1万年経験している魂もあるでしょう。

たとえば、魂年齢をこの世の年齢に当てはめると、生まれたての赤ちゃんと100歳の老人では人生経験の差は歴然で、老人の方が知識も経験も豊富ですよね?魂年齢の差もこれと同じです。

魂年齢の高い子供に驚かされる

例えば、まだ子供なのに驚くほど物事の道理や命の大切さ、生きていく上での心構えなどを理解している子供もいます。

以前に、まだ幼稚園のお子様を残し、若くして亡くなられた芸能人の方がいます。

そのお子様の様子をブログ等で拝見しているのですが、父や兄弟を想う姿を見て「魂年齢が高い」と感じましたし、魂年齢の高さに驚きました。

まだ幼稚園のお子様が、父を想い「風邪になったのが自分で良かった」と言ったそうです。

恥ずかしながら私は、親に対してそういう感情を抱いたことはありません…

子供でありながらこのように人を思いやれるのは生まれ持った性格ですが、その性格こそが魂年齢の高さを物語っています。

魂年齢の高い人の特徴

魂年齢の高い人の特徴として言えるのは、家族だけではなく、この世で生きる多くの人たちに、たくさんの気づきを与えてくれるということです。

その反面、何十年も生きているのに道徳心に欠けていたり、精神の未熟な大人や年配者もいます。

実年齢と精神の成熟度を見れば、魂年齢が高いか低いかはわかります。魂年齢の高い人は、実年齢以上に人間ができています。若くても人格者で尊敬できる方がいますが、そういった方は魂年齢が高いため、この世の年齢に関係なく尊敬できます。

マザーテレサのように仏の心を持った人は、もう生まれ変わる必要がないくらいに魂年齢の高い人と言えるでしょう。

魂年齢の低い人の特徴

魂年齢の低い人は、傲慢で現世利益ばかり追ってしまったり、利己愛が強く自分勝手に生きる傾向があります。

出世等の現世利益を得ているかどうかは関係なく、権力を振りかざしひでなしと言われるような人や、人をいじめる人は魂年齢が低いと言えます。

後ほど詳しくお話をさせていただきますが、魂年齢の低い人は悪意を持って生き、その結果因果応報を受け、悪意で生きたことを反省し、善意を増やしていきます。

その為、魂年齢の低い人も最終的には、悪意が善意に変わり人格者になることを目指します。

魂年齢の高い人と低い人が共に学ぶ学びとは?

親よりも自分の子供のほうが魂年齢が高い場合や、上司より一回り以上離れた部下のほうが魂年齢が高い場合もあります。

その場合、例え自分が年上であっても相手から学ぶことが多いと思います。自分の子供や部下から、人間性を教わることが多いと思う場合は、あなたの方が魂年齢が低いかもしれません。

この世は、魂年齢の高い人と低い人が混在し、学び合う場所です。魂年齢の高い人と低い人が関り合い、どのような学びがあるのかを簡単に説明させて頂きます。

子供や部下のほうが魂年齢が高い場合は、親や上司を反面教師にして生きるという意味があります。悪いお手本を見て自分はどうあるべきかを考えるということです。

逆に親や上司は、子供や部下を良いお手本として学ばなければなりません。互いに自分にないものを見て学ぶということです。

素晴らしいと思える人からはたくさん見習い、ダメだと思う人を反面教師にする。全ての出会いをプラスに転じ、魂を磨いていきましょう。

魂年齢の違いが善悪に出る

悪意と善意の比率が魂の成熟度に関わってきます。魂年齢の低い魂であればあるほど、悪意の比率が高くなるということです。

誰もが未熟な部分を持った魂です。どんな未熟さをどの程度持っているのかは、人の性格が違うように、それぞれの魂によって違います。

しかし、どの魂にも共通して言えるのは「この世は、自分の弱さや未熟さを炙り出される世界だ」ということです。

弱さや未熟さを炙り出されるからこそ、正すべき部分が見えてきます。

炙り出された弱さが悪意を生み、間違いを犯すこともあります。

善を限りなく100に近づけ、悪を限りなく0に近づけることが望ましいのですが、悪意がいけないと自覚するためには、悪意を持ち生きることを経験し、因果応報により苦しみが返ってくる経験をする必要があります。

その真理につきましては、天罰が下る人と下らない人の違いとは?バチが当たらない人がいる一つの理由にも書いていますので、宜しければご覧になってみてください。

悪いことは悪いので、罪は決して許されることではありませんが、魂の視点からは悪意も善意を生むための経験になっており、悪意で生きる経験をしなければ善意は生まれないという、悲しい真理があります。

魂年齢が低い人は悪意で生きる辛さを知る

自分の利益や欲のために、人を傷つけ殺めてしまう人もいます。

どれだけ悪意の強い魂であれ、最終的には「悪意を減らしていく目的」を持っています。

魂年齢の低い人は、自分の利益や欲求を満たすために悪意のまま生きますが、それで幸せになれるのでしょうか。

罪を犯せば逮捕されますが、逮捕されていなくても、人を騙したり、酷いことをしてお金を奪い豪遊している人もいます。

そんなことで得たお金で豪遊しても幸せになれません。どれだけお金を手にしても、高価な物で心を満たそうとしても、物やお金で心からの幸せを得られないことに気づきます。

人から恨まれ、欲にまみれ、物質で満たされることに幸せの価値を見出そうとする人は、物質を失うことに怯える毎日が訪れ苦しみに変わります。

魂年齢の低い人は物質主義に溺れ、物質を手にするために悪事を働き、自分の心と魂を傷つけ、心からの幸せを感じられない苦しい経験をします。

悪意で生きる魂年齢の低い人の現実は、決して幸せなものではありません。

魂年齢が高い人でも善意100%の人はいない

「この世に善意100%の人はいない」などと言うと、悲しい気持ちにもなりますが、どうしてそんなことが言えるのか?それは、私たちが生まれてきた意味にあります。

私たちが生まれてきたのは、未熟な魂を成長させるためです。

私たちの故郷である霊界には、グループソウル(類魂)という魂の家族がいます。

私たちは、魂の家族の未熟な部分を請負い、未熟な部分を正すために生まれてきています。そのため、生まれながらにして魂の未熟な部分(悪意)を持っています。

もしも、善意100%の魂なら生まれる必要はないので、それはすなわち神になります。

魂年齢は始めは誰もが低いもの

霊魂は、輪廻転生を繰り返しています。

その中で少しずつ魂を成長させ、成熟していきます。

魂年齢の低い悪意に満ちた人を特別な悪人だと思うかもしれませんが、何も特別ではありません。

現在、仏のような心を持った優しい人でも、過去世をたどれば、悪意に満ちている一生があります。

魂は、輪廻転生を繰り返す中で、人の痛みがわかるようになります。

輪廻転生を何度も繰り返したから、仏のような優しい心に辿り着きます。

悪意に満ちている人は、魂年齢が幼く、経験が浅いので人の痛みがわかりません。

だから平気で人を傷つけますが、どんな善人であれ、魂が幼かった頃に似たような過ちを犯しています。

罪を犯す人を擁護するつもりはありませんが、罪を犯し苦しみの中で学んでいます。

罪を犯した魂も、罰せられることで学んでいます。

尊敬できる人をお手本にして、魂レベルを上げられるようにしたいものですね。