新築を建てると身内が死ぬ、家を建てると不幸が起こる本当の理由とは?2つの注意点

新築を建てると身内が死ぬ、家を建てると不幸が起こる本当の理由とは?2つの注意点スピリチュアル
この記事は約5分で読めます。

家を建てると身内が亡くなる、不幸が起きるという話を耳にすることがありますよね。

確かに、家を建ててすぐに、身内が亡くなったり病気になったりと、家族に不幸が起こるのは珍しくないようです。

それを考えると家を建てるのが怖くなりますが、このことは、割と知られていることのようで、気になる人は気になると思います。

この記事では、どうしてそのような事が起こるのか、その意味について、また、どこに気をつけて家を建てたら良いのかをお話致します。

家を建てると人が亡くなる本当の理由

新築時の注意点は主に2つありますが、その前に「新築を建てるとどうして身内がなくなるのか?」についてお話させていただきます。

結論から言いますと、家を建てたから身内が亡くなるのではありません。それは全くの誤解で、そろそろ寿命だから、最期に家族に家を残そうとして建てるから、結果的に、家を建てた後に大黒柱が亡くなるということが起こります。

死について、スピリチュアルでは「寿命」と言われています。寿命は生まれる前に決めていることで、生まれるとその記憶は消されてしまいますが、魂は覚えているので死期が近いことを無意識に感じます。

家を建てた後に亡くなったとしても、それは家を建てたからではなく、生まれる前から決めていた寿命で亡くなったものです。

もし、家を建てたあとに一家の大黒柱が亡くなったら、「家を建てたから亡くなった、土地の祟りだ〜」と騒ぐかもしれません。

しかし、基本的に人の死は寿命です。

人は死期が近づくと、頭では自覚がなくても、魂は死を自覚すると言われています。

そのため、無意識のうちに家族に何かを残したいと考え、死ぬ前に家を建てたりリフォームすることがあります。

家を建てると亡くなるのは、亡くなることを自覚した魂が、家族のために家を建てることがあるから起ることであり、死を自覚した魂が大きなプレゼントを残して旅立つ準備をするからです。

家を建てたら家族の誰かが亡くなるわけではないので、あまり気にしなくてもいいと思います。

家をリフォームした翌月に亡くなったおじいさん

私は以前、工務店に勤めておりましたのでリフォーム工事を請け負うことがありました。

80代の老夫婦が住んでおられた家のリフォーム工事を請け負った時に実際にあった話です。

80歳になっても病院に行ったことがないのを自慢げに話していた元気なおじいさんでしたが、足から膿が出て歩行困難となりました。

そんな時に、住みやすい家になるようにリフォーム工事の依頼を受けました。

工事が終わった時は、歩行困難な状態は続いておりましたが、上半身は元気でしたので普通に会話ができる元気な状態でしたが、それから一か月もしないうちに、突然お亡くなりになりました。

自分が元気になった時のことも考えて工事の指示を出されていたので、まさか自分が亡くなるとは考えてもみなかったと思います。

頭では考えてはいなかったにしても、魂は寿命を察知して工事を依頼されたのかもしれません。

残されたのは80歳を過ぎたおばあさんですが、おじいさんがリフォーム工事を依頼したおかげで、住みやすい家が残りました。

このように本人の意思とは別に、魂が寿命を察知して家族に何か残そうと行動を起こすので、新築した後にお亡くなりになる方が多くなるのだと思います。

家を建てる時、不幸回避の注意点

次にお話するのは、家を建てる際にあることを怠ると不幸を引き寄せる原因になるので、注意していただきたい2点についてです。

どこに気をつければ良いのか、スピリチュアルの視点からお話させていただきます。

家を建てる時は地鎮祭を怠らない

一つは、地鎮祭です。

土地を買うと、その土地を自分の物として認識すると思いますが、そもそもこれが間違いの元になります。

確かに土地を買えば、あなたが所有者になりますが、忘れてはならないのは、土地には私たちが生まれる前から土地を守る自然霊(この世で生きたことのない霊、お稲荷さん、龍神、天狗、巳神など)がいることです。

どの土地を買おうと、目に見えませんが何らかの自然霊という先住者がいることを忘れてはいけません。

地鎮祭は、自然霊に対して挨拶の意味を込めて行ないます。

地鎮祭を「お祓い」と勘違いされている方も多いと思いますが、地鎮祭は「土地の自然霊に共存共栄するための儀式」となります。

普通に考えて、あなたの家に知らない人が何の断りもなく上がり込み、勝手に住み始めたら「出て行け!」と怒りますよね。

自然霊もそうやって怒るようなので、その怒りが事故や病気などの不幸を引き寄せる原因になることがあります。

ですが逆に、ちゃんと礼儀をわきまえて地鎮祭をおこなえば、私たちを守ってくれるかもしれません。

地鎮祭を怠るのは、礼儀知らずの無礼者になりますので、自然霊と人間が共存共栄する為にも必ず行ないましょう。

身の丈に合わない家は不幸を呼ぶ

もうひとつは、その家は身の丈に合っているか?ということです。

分不相応の家を建てると、大きく歯車が狂うことがあります。

人生は、分部相応が望ましいのですが、無理をして分不相応の家を建てると、後にとんでもない負荷がかかることになります。

無理をして大きなプラスを得ると、その後、受け止めきれない大きな負荷がかかります。

よく聞く例として、宝くじで億万長者になった人が、当たる前よりも不幸になることがあります。これは、分不相応なプラスを得た典型的な例だと思います。

家であれば、分不相応な家を建てたことで、ひたすら支払いに追われ、ストレスを発散する余裕すらなくなり、イライラが募り家族に当たり散らしたり、無理な仕事をして身体を壊してしまうこともあるでしょう。

そういう意味では、無理な買い物は人生を狂わせてしまうので、家を建てるときはしっかりと予算を計画しなければなりません。

新築を建てる際の注意点のまとめ

最後にまとめますと、家を建てた後に亡くなる方が多いのは、寿命が来ることを無意識にも感じて家を建てる方が多いからであり、当然これに該当しない方も家を建てています。

そして、家を建てる時は忘れずに地鎮祭を行ない、自然霊に挨拶をしましょう。そして家は分部相応が一番です。

これらの注意点が、家を建てる時の参考になれば幸いです。

※この記事は江原啓之さんの書籍を参考に書かせていただきました。ありがとうございます。