【実話】いじめっ子のその後・将来不幸になった14の末路

【実話】いじめっ子のその後・将来不幸になった14の末路因果応報
この記事は約10分で読めます。

いじめっ子はその後、将来どうなるのでしょうか?

人をいじめるような強い立場に立てるのだから、強い立場のまま大人になり成功するだろうと思っていませんか?

しかし、実際はそうではないという現実があります。この世には、因果応報があるので、いじめっ子にも当然人をいじめた報いが返ります。その為、いじめっ子には悲惨な末路が待っていることも少なくありません。

そのように見えない場合は、まだ報いを受ける時期に来ていないからですが、どうして因果応報が返らないかにつきましては、天罰が下る人と下らない人の違いとは?バチが当たらない人がいる一つの理由に書かせていただいております。

この記事を書いたのは、「いじめっ子が得をする世の中だと思い苦しんでいる人」に、決してそうではない事実を知って頂きたくて書きました。

それだけではなく、人をいじめている人に「人をいじめればロクな人生にならない」ということに気づいてほしいと願いを込めて書いています。

いじめのない社会になることを切に願います。

それでは本題に入ります。

いじめっ子の末路について、以前にアンケート調査をしたところ、いじめっ子は将来良い人生を歩んでいないことを裏付ける結果がでました。

では、どのような回答が得られたのかご紹介致します。

いじめっ子はやがて相手にされなくなる

いじめっ子は権力を振りかざし、たくさん仲間を引き連れているイメージがあるかもしれません。

ですがそれは一時的な天下で、やがて人は去っていき、孤立する末路をたどります。

いじめっ子の周りから人が離れていった

[40代男性]

中学時代いじめっ子で、有名な同級生がいました。

しかし、井の中の蛙とはこのことで、中学校卒業と同時に、このいじめっ子の遊び相手だったはずの友人は、高校に入るや否やこのいじめっ子のもとを去っていきました。

みんな嫌だったのに、仕方なく友達のふりをしていたようです。

高校に入れば別の友人が出来ます。このいじめっ子を相手にするほどの暇人はいませんでした。

しかもこのいじめっ子は、高校に入った後は友人も出来ずに高校を中退したという噂を聞きました。

30歳を過ぎ、同窓会が開かれたので参加してみましたが、このいじめっ子が今どうしているのか、連絡が取れる人はいないようでした。

あんまりうまく行っていないということをいじめっ子の親から聞きました。

いじめっ子は学校に通えなくなる

[40代女性]

娘の同級生にいた、いじめっ子の女の子です。

幼稚園の時から気が強く小学校に入ってからもずっと友達に嫌がらせをしたり、嫌味を言い続ける毎日でした。

中学校に入学する前に、引っ越してしまいました。

引っ越し先でも性格は変わらず、9クラスほどあるマンモス学校に転入したのに、2年生になったころには誰も友達がいない状態になり、不登校になり学校にはほとんど通っていないという話を聞きました。

人をいじめて楽しんでいると、因果応報で自分に返ってくるものだと思いました。

いじめっ子はその後、誰かにいじめられる

いじめっ子は、いつかいじめらる側になることも少なくありません。

これは因果応報で当然のことですが、反省しないまま過ごしていると、やがて以下のようなことが起こります。

いじめっ子の立場が逆転

[20代男性]

小学校時代、女子生徒の中でいじめがありました。

特定の生徒1人がいじめられるわけという訳ではなく、何人かが対象をコロコロ変えて無視などの軽いいじめをしていました。

しかしある日、いじめっ子のリーダーだった子がいじめられる対象になっていました。

皆が理不尽に嫌な思いをさせられ、その不満が限界を迎えた結果、立場が逆転たようです。

その後、そのいじめっ子のリーダーはさえない子に成り下がってしまいました。

今から考えると、そのいじめっ子も自分がいじめられないように、自己防衛としていじめをしていたのかなとも思いますが、結局はすべて自分に返ってくるのだなと感じさせられました。

報復されたいじめっ子

[20代男性]

中学のときに、いじめっ子がいました。

先生が叱っても、いじめを決してやめようとしない問題児です。

当然、いじめっ子は一部の仲間を除いて、学校中の生徒から嫌われていました。

いじめっ子は、中学を卒業してから、いじめた人から仕返しをされていたようです。

高校から引きこもり、成人した今では、うつ病も発症しているとか…

人を傷つけると、因果応報で自分に返ってくるものですね。

いじめっ子は社会的成功をしない

いじめっ子がそのまま大人になると、当然嫌われます。

そのため人望が薄くなり、信頼も得られません。その結果、誰もついてこない為、社会的成功ができません。

いじめっ子は信頼をえられない

[40代男性]

他人をいじめて気持ちが良いと感じる人は、どこか自分に自信が持てず、精神的に弱い人だと思います。

小さい頃は何とか世を渡っていけますが、大人になって社会にでた時に人から評価される可能性は普通の人に比べて小さいです。

特に最近は、パワハラ等の問題もメディアで取り上げられますので、そういう行為に及ぶ人は周囲からの信頼も得られません。

自分の周囲でも、元いじめっ子だった同級生達は、社会的な成功は得ていません。

悲惨な生活をしていると地元の噂になっている

[40代女性]

中学時代、私をいじめていたいじめっ子の男子の話です。

年祝いの席で再会したのですが、相変わらずのいじめっ子。

常識も協調性のかけらも感じない雰囲気でした。

あとで同級生から話を聞くと、アルバイトで生活しているとのことでした。

そのアルバイトも長続きせず、結婚どころか性格の悪さ故に、彼女も出来ずに悲惨な生活をしていると、地元の噂になっていました。

いじめっ子が犯罪に手を染める

トラブルを起こして刑務所行きの末路

[30代男性]

いじめっ子だった男の子ですが、中学生になった頃から家庭が荒れはじめ、最終的には夜逃げをするように引っ越していきました。

その後は、学校にも行くことができなくなり、トラブルを起こして刑務所に入ったと言うことを聞きました。

窃盗で刑務所

[20代女性]

中学時代、私はを受けており、精神的に参っていた時期がありました。

その後いじめっ子と離れ、約10年ぶりにいじめっ子のことを風のうわさで知りました。

10代後半で援助交際をし、その際赤ちゃんを妊娠してしまい学校を退学。

シングルマザーで水商売をして、生活費を稼ぐも、店のお金を盗み今は刑務所の中。

子供は、施設に預けられているということです。

オレオレ詐欺で逮捕されたいじめっ子

[20代男性]

地元の小学校にいたいじめっ子。

野球はそこそこの選手だったようで「自分は天才だ」と勘違いした末に、私立の強豪中学に進学したもののすぐさま挫折。

自分よりも劣る選手や気の弱い選手たちに雑用を押し付け、自分は練習もそこそこに遊びまわる始末。

しかし、先輩たちからキッチリと指導が入り、結局地元の公立中学に転校。

しかし、中学の多感な時期に覚えた挫折と、やんちゃなことをして遊ぶことの楽しさから立派なヤンキーに。

高校は、名前を書ければ受かると有名な超底辺校に進学したもののすぐに退学。

そのまま地元からフェードアウトしたかと思えば、19歳の時にオレオレ詐欺で逮捕される始末。

いじめっ子は社会に適合できずに引きこもる

いじめをする人は、嫌われるので人付き合いができなくなり、やがて引きこもるようになります。

定職につかず家に引きこもる

[40代男性]

中学の時ですが、腕っぷしの強い暴力的ないじめっ子がいました。

父親が大工の棟梁で、気質も荒い人だったらしく、その子も粗暴でした。

喧嘩が強かったので誰も逆らえず、中学時代の彼はいじめをしたい放題でした。

しかし、大工として父親の家業を継いでしばらくして、彼は電動のこぎりで左腕が全く使えなくなるぐらいの大けがをしました。

そこから仕事が上手くいかなくなり、また部下たちも彼を支えていこうと気にはならなかったみたいで、皆逃げていきました。

結局、彼の会社は潰れたそうです。

一度、近くのスーパーで偶然会ったことがありましたが、非常に暗い雰囲気でした。

定職につかず、昼間は家に引きこもっているそうです。

地元で彼を支えようとする友達は一人もおらず、昔の仲間が集まると彼の現状を皆で笑っています。

高校を中退して引きこもり

[20代女性]

私は中学の時にいじめられました。

いじめっ子と私はもともと仲が良く、一緒に遊んだり校則違反をして先生に怒られるなど多くの時間をすごしました。

しかし、彼女のことを私の母は良く思っておらず、一緒に遊ぶことを反対していました。

そして、その母にしつこく言われて遊びの約束をドタキャンしたら、次の日から無視悪口陰口のオンパレード。

数ヶ月耐えてなんとか収まり、元通り仲良くなりました。

月日は流れて成人式。彼女の姿はありませんでした。

高校を中退して引きこもっているという噂があったのですが、どうやら本当のようで、成人式のあとの同窓会にも現れず、誰も話題にしませんでした。

あんなに目立っていたのに、忘れ去られてしまうなんて、かわいそうですね。

高校卒業後、ずっと引きこもり

[30代男性]

小学5年生の時に、M君という少しぽっちゃりした大人しい男の子がいました。小学生時代は、大人しかったり優しかったりすると、からかわれる傾向にあります。

M君もその一人で、H君というクラスメイトがよくM君に悪口や暴力をふるっていました。

それは5年生の終わりまで続きました。6年生になりM君はH君と離れることができましたが、H君は新しいクラスでもM君に代わる生贄を見つけたようで、その子も執拗にいじめていたらしいです。

中学生に上がると、いくつかの小学校が集まりますよね。そこで、前からH君を嫌っていた人が、H君がいじめっ子だという噂を流し、H君を孤立させたみたいです。

そしてH君はいじめられて、学校へ来なくなりました。

それから社会人となり、成人式の帰りに仲のいい友人と飲みに行った時、ふとH君の話題が出たのですが、H君は夜間の高校へ行ったそうです。

ちなみに、いじめられていたMくんは地元の国立大学へ進学していました。

この時僕は、因果応報というのはあるのだと思いました。

いじめっ子はひきこもり家庭崩壊

[40代女性]

子供時代には必ずクラスに一人はいましたよね、いじめっ子が。

私が小学生の頃、男子のいじめっ子がいたのですが、今振り返っても極悪で下衆な子供でした。

当時、クラスにお父様の経営していた会社が倒産して、裕福な生活から一転、傍から見ても絶望的に貧乏な生活になってしまった男の子がいました。

兄弟たちとスーパーの裏で瓶や缶を集めて、それを拾ってお小遣いにしている姿を私自身も何回か見ました。

その噂は広まり、いじめっ子の耳にも入り、それからその男の子に対する壮絶ないじめが始まりました。

何度も理不尽な言動をされ、涙を浮かべていた男の子はその経験からなのか、今では自分で起業ししっかりと会社を経営する敏腕社長になっています。

いじめっ子は、高校進学に失敗して引きこもりとなり、現在は家庭も崩壊してしまったそうです。

やはり人にしたことは、いい事も悪い事も因果応報で自分に返ってくるのでしょうね。

自傷行為を繰り返すようになる

[30代女性]

中学生の頃、私のことをいじめていた女の子がいました。

「死ね」「きもい」などと言ってきたり、他の女子に働きかけて一緒に無視してきたりと精神的に辛かったです。

大学生になって、偶然そのいじめっ子を電車で見かけたのですが、腕に大量のリストカットの痕がありました。

いじめっ子のその後の末路まとめ

いかがでしたでしょうか。
いじめっ子に待っているのは暗い未来です。

もしも、いじめっ子が社会的成功をおさめることがあるとすれば、それは、いじめた事実を心から反省し悔い改めたからです。

因果応報は、気づきのための法則です。そのため、心から反省し悔い改めることができれば、いじめた過去があれ、やり直すことができます。

実は私も子供の頃いじめをしました。するとあんのじょう、大人になってからいじめられ、ロクな人生ではなかったです。それでようやく、「いじめは絶対にしてはいけない」と、悔い改めることができました。

人は過ちを犯します。しかし、悔い改めた時点からやり直せます。

いじめた人は、悔い改めやり直せば、ロクでもない人生から脱することができます。

いじめられた人は、自然と忍耐力、人を思いやれる優しさ、強さを身につけているため、社会的成功をおさめる人は少なくありません。

いじめは、いじめられた人はもちろんのこと、いじめた人も不幸になります。

このことが少しでも世の中に広まり、いじめのない社会になることを願います。