波長が合わなければ運命の人でも縁が切れる?【波長とご縁の関係】

波長が合わないと運命の人ですらご縁が切れる?ご縁と波長の関係スピリチュアル
この記事は約8分で読めます。

波長が合わない人との関係に困っていませんか?
仲の良かった人と波長が合わなくなりましたか?

波長はご縁に密接に関係していますので、赤い糸で結ばれたカップルであれ、波長が合わなくなれば別れてします。

波長が合わないと感る人とは険悪な関係になりがちですが、波長の合わない人とうまくやっていく方法もご紹介致します。

この記事では、いくつかの波長を例に、波長が合わないとはどういうことなのかお話をさせていただきます。

波長とは?

そもそも波長とは?ということで、波長という書き方をすると意味が分からないかもしれませんが、人の波長を簡単に言うと「その人の性格」になります。

フィーリングが合うとか合わないとか言いますが
フィーリングが合わない人とは「波長が合わない」
フィーリングが合う人とは「波長が合う」ということになります。

波長の部分を性格に置き換えればもっと分かりやすいと思います。
フィーリングが合わない人は「性格が合わない」
フィーリングが合う人は「性格が合う」と考えてください。

波長が合わない・波長が合う

・波長が合わない=価値観や考え方、性格が合わない
・波長が合う=価値観や考え方や、性格が合う
ということになります。

人の波長とご縁の関係

人との出会いには、必ず波長が関係しています。

つまり、自分と関りの深い人達は、波長によって引き合った似た者同士ということになります。

「いやいや、自分の周りには全く違うタイプの人が居ますよ!」

「あの人と似ているなんて嫌だ〜」

などなど言いたいこともあるでしょうが…波長です。

一見、自分とは全く違うタイプに見えても、相手とあなたに似ている部分があるから引かれ合っています。

もしも1〜10まで違うならご縁ができませんし、10のうち1でも似ている部分があれば、ご縁ができる可能性があります。

深いご縁になるかどうかは、波長がどれだけ合っているかで変わります。自分の波長と、相手の波長が似ていれば似ているほど、引き合う力は強くなります。逆を言えば、嫌な人と縁を切るには、自分の波長を高めるて波長のズレを大きくすると良い、という事になります。

波長が合わなくなれば夫婦のご縁も切れる

波長が合わなくなれば夫婦のご縁も切れます。

熱愛の末に結婚、一生一緒に居ると誓った運命の相手でも、波長のズレが大きくなると別れてしまいます。

波長は大まかに言うと性格や価値観といった考え方です。歳を重ねてどちらか一方だけの価値観が変わってしまうと、波長が変わってしまうので合わなくなり別れてしまいます。

生涯を共にする夫婦関係を築くには、長い年月波長が合わなければなりません。

もしも、どちらか一方の心に変化が表れ波長が変わり、波長の高低差が激しくなれば考え方が合わないということになり、最終的に離婚するになります。

たとえば、あなたが不倫しているとして、旦那さんよりも不倫相手の方が性格が合うなら、不倫相手の方が波長が合うという事になりますし、そう感じた時点で不倫相手と結婚したいと思うかもしれません。

このように、人は波長の合う人と一緒に居たいと考えるので、離婚をしたくないのであれば、夫婦は共に成長し、同じ方向を向いておく必要があります。

見ている方向が変わると波長が合わなくなり離婚する一方の波長が下がり離婚する夫婦を例にあげます。

子供を愛するイクメンパパが、パチンコにハマってから家庭を顧みないようになり、奥さんが愛想が尽かせて別れたとしましょう。

この場合、別れる事になったのは、奥様の波長とご主人の波長が合わなくなったからです。

ご主人がパチンコにハマる前は、夫婦そろって子供の将来を楽しみにし、一緒に子育てに目を向けていたから波長が合いました。

しかし、ご主人がパチンコにハマると、ご主人はパチンコに夢中、奥様は子育てに真剣と、夫婦で見ている方向が変わり、波長が合わなくなり別れることになります。

夫婦関係を続けるには、パチンコをやめて元のイクメンパパに戻るか、奥さんがご主人に合わせ、子育てよりもパチンコに夢中になる必要があります。

このように、見ている方向が変われば波長が合わなくなるということです。

どれだけ相思相愛で結婚をした夫婦も、どちらか一方の波長が大きく変われば、愛情は冷めてしまいます。

長年夫婦を続けられるのは、夫婦の波長が共に上がったり下がったりしているからです。

心が通じ合っていれば夫婦で同じ波長を保てます。会話がなくなったり、価値観が変わったりして心が通じ合わなくなれば、波長が変わり離れていきます。

長年夫婦を続けるには、お互い本音が言える関係、理解し合える関係でいることが大切です。

友達も波長が合わなくなれば縁が切れる

友達とのご縁も波長が関係しています。

友達同士で高め合い、共に成長する高い波長でできた友達関係を築きたいものですね。

会話の内容が、愚痴や不平不満ばかりを言って傷の舐め合いをしているような友達関係もあると思います。

そのような低い波長でできた関係は、どちらか一方が「このままではいけない!」と立ち上がれば、関係はたちまち崩れます。

一方が現実を変えるために動き出せば、動き出した友達は波長が高くなり、不満を言うだけの友達とは波長が合わなくなります。

波長が高くなった友達からすれば、不満ばかりを言って現実を変えようとしない友達のことを煩わしく思うようになります。

一方、不満を言い続けている友達にとっては、波長が高くなった友達に「最近話が合わない…」とか「付き合いが悪い」などと思い、友達への思いが薄れていきます。

波長が変わるとは、志が変わることなので、こうした考え方の不一致から縁が薄くなっていきます。

仲の良かった友達が、いつの間にか気が合わなくなってしまったというのは、波長が変わってしまったからです。

波長の高い友達をつくることで、良い刺激を受けることができます。その為にはまず、自分の波長を高め、波長の高い友達と合う人材になりましょう。

波長の合わない人とうまくやっていく方法

そもそも人は、良い心も悪い心も両方持っています。ですので、波長の高い部分だけの人も、低い部分だけの人もおりません。

同じ1人の人でも、波長の高い部分もあれば低い部分も兼ね備えています。

相手の波長の高い部分を引き出すか、低い部分を引き出すかにより、良好な関係が築けるかどうかが変わってきます。

「この人とは気が合わないな…」と思う、波長の合わない人との関係を良好にするには、相手の波長の高い部分を引き出すようにしなければなりません。

相手の低い波長を引き出す悪い例

たとえば「私、あなたのような人が嫌いなの」と言ったら、言われた方は「はぁ〜?」となりますよね。

結果「あなたが嫌いなら私も嫌いだよ!」となります。これでは相手の怒りに触れ、波長の低い部分を引き出すことになります。

相手の高い波長を引き出す良い例

逆に「あなたのそんなところを尊敬します」と褒めたら、言われた方は悪い気はしません。

それどころか、あなたに好感を持ってくれるでしょう。すると、あなたに変な態度を取らないように気を付けてくれるようになります。

相手の気持ちを配慮した言動は、相手の波長の高い部分を引き出すことになります。

このように、接し方一つで波長の低い部分を引き出すか、高い部分を引き出すかの違いがでます。

仕事や学校、ご近所付き合い等、波長の合わない人とどうしても関わらないといけない時もあります。その時は相手の高い波長を引き出しつつ、あまり深く関わらないように距離を保つようにします。

初めから苦手意識を態度に出してしまうと、相手の低い波長を引き出し、関係が悪くなるので注意しましょう。

気の強い人と合わない人は要注意!恐怖心が引き寄せる波長

「恐怖心」は低い波長です。

「恐怖心」という低い波長は、さらなる恐怖を生みます。

直ぐに暴言を吐く横柄な人にいじめられた過去がある人は、その人と縁が切れても「また似たような人と縁ができたらどうしよう…」と怖くなります。

その感情が一時的ならさほど影響がありませんが、人と会う度にビクビクするようになると波長が下がります。

波長が下がれば、引き寄せたくない横柄な人を引き寄せてしまい、いじめられる原因になります。

たとえば、人をいじめる横柄な人に過剰な恐怖心を持っていたとします。

いじめる側は「いじめる」という低い波長を持っています。
いじめられる側は「怖い」という低い波長を持っています。

お互いの「低い波長」が引き合い、性格は合わないのに、深い縁ができてしまいます。

そして、守護霊も恐怖心を克服させるために苦手な人を用意してきます。(守護霊はとても厳しい…)

どういうわけかいつもいじめるられる、という方がいたら、ご自身の心を振り返ってみてください。

恐れを失くすことは、波長を高くし、人間関係に恵まれる事に繋がります。

良縁に恵まれないのは波長が関係している

波長とは、似た者同士が引き合う事ですので、自分を取り囲んでいる人達を見れば、自分の波長を見ていることになります。

会社、学校、知人、ご近所付き合い、恋人から夫婦まで、あなたの近くにいる人は波長によって引き合った人達。

もしもあなたが「どうしていつも私の周りには良い人が寄ってこないの?」と感じていたり、「男運が悪い…女運が悪い…」と感じているなら、ご自身の波長が引き寄せていることに気づくか、自然と心改めるまで、良縁を頂くのは難しいです。

これは私の話で、自慢話のように聞こえると思いますが、事実ですのでお話致します。

現在の私は良い人とご縁ができたり、良い人と関わる機会が増えました。これは、以前よりも波長が高くなったことを意味しています。

今後も良い心がけを意識すれば、良い人達とご縁ができると予想していますので、まだ見ぬご縁を楽しみにしています。

今は良縁を頂けるようになりましたが、以前は心が荒んでいましたので、気性の荒い人を引き寄せる傾向が強く、私の周りには、私も含め傲慢な考え方をする人ばかりでした。

私は、傲慢さを態度に出さないタイプでしたが、傲慢な態度をする人達と考え方が似ていたので、傲慢に振る舞う人達を引き寄せていました。

今日、たまたま荒んでいた頃の自分の写真を見ましたが、顔が「キツぃ!」そして「怖ぃ!」荒んでいた私の心が顔に出ていて、今はタレ目の私ですが、当時はツリ目だった自分に驚きました。

当時の私の周りには、こわもてのきつい顔をした人が多かったですが、自分を取り囲んでいる人達は波長の映し鏡です。自分取り囲む人たちの人間性をみれば、波長の状態が良いか悪いかを客観的に見ることができます。

嫌な人と縁が切れ、良い人達に囲まれるようになれば、人生は楽しくなります。

自分を取り囲む人達は、自分の心そのものなんだという事を念頭に置いてください。

意識をして気をつければ、人も環境も変わります。

波長を高く保てるように、良い心がけをしていきましょう。