夫と出会った意味とは?DVの恐怖(旧鑑定規定)

夫婦・親族の悩み
この記事は約10分で読めます。

メール鑑定ご相談内容

■メール鑑定の種類:本鑑定
■お名前:春子さん(仮名)
■年齢:40代後半
■性別:女性

門次郎さん、この度はお世話になります。40代後半でありながら文章の組立がうまくできないのですが、よろしくお願いします。

25年前に結婚し子供は授かりませんでした。いらないと思ったのが正直な気持ちでした…何故なら、旦那さんの家系はDVだからです。旦那さんの親がそうだったと聞いています。

結婚してから本当の私ではなくなりました。どうしてこの家に嫁いだのか?私の実家とは真逆で、旦那さんの家は皆がバラバラ…私はいつも緊張感で一杯でした。

旦那さんが自分の親と大喧嘩をして、その勢いで家を出る事となり、私の実家の近くへ引っ越をしました。しかし、旦那さんは私の実家を嫌います。私の家と実家は車で数十分…この距離でありながら、私が実家に行くとおもしろくなく機嫌を損ねます。

私の両親は健在ですが、これから病気になったとしても看病すらできないと思います。悲しいです…。旦那さんは自分優先、家の事はすべて私です。

旦那さんは、とても気が短く、話し合いなどできず…暴言だけではなく、気に入らないと私に暴力をふるいます。私がどんな事思ってたとか全く気付いてないと思います。

私はずっと家にいて、友達と遊ぶとかそんな時間ありませんでした。毎日、毎日「死にたい」と思って生活していました。

そんな時、一人の男性と知り合いました。何故か自然に急接近…不倫です。私には逢ったりする時間はありませんが、この男性からは本当に「生きる事の楽しさ」を教えていただきました。

死ななくてよかった…生きててよかった…でもこれも自己満足です。大きなツケがきました。自業自得。

旦那さんは40代で退職し、私は益々生活に不安を抱きました。旦那さんは、毎日働かず家にいて私に「死ぬまで働け!馬車馬のように働け!」と言います。どうしてこんな言葉を言われるのか?どうして私を恨むのか?

そんな事を考えていたら…不倫相手の奥さんより数百万円の慰謝料請求通知が私の会社へきました。奥さんに数年監視されてたようですが、私は彼と数年距離間を置いていたので「今更…?」という感じでした。

いろいろ対応していた矢先に私は、大腸癌で入院治療となり、考える時間を与えていただきましたが離婚はせず。

又、奥さんの件に対しては、弁護士をたてて解決していただきました。この示談書が証拠となり彼は、会社を退職し「離婚する」と彼からメールで知らされました。私にとって彼は、とても優しく気の合う人でしたが、職場では評判も悪く…お金、女にはだらしないと奥さんが私に言ってきました。

私は、彼がとても好きだった仕事まで取り上げられる事に悔しい思いでたまりません。彼からは一方的なメールが来るだけで、私は自分の言葉で彼に伝える事ができません。私に何かできる事はないのか?私のせいで申し訳ない・・・苦しい日々を自分で作っています。

門次郎さん、私が自分で選んできた人生です。病気になったのも罰が当たったのでしょう。でも、あとどれだけ生きれるかわかりませんが、この苦しい気持ちから解放されたいです。ずっと、ずっと苦しかった。

私これからどのように生きていけばいいですか?教えてください。よろしくお願いします。

メール本鑑定結果

初めに…
「?マーク」を付けていらっしゃるところが、春子様の聞きたいことかと思いますので、その疑問質問にお答えする形で本鑑定結果をお伝えさせていただきますね。

どうしてこの家に嫁いだのか?

この問いにすべての答えが詰まっており、家に嫁いだ理由がわかれば「春子様がすべきこと」「ご主人とのご縁にどんな意味があるのか」がわかります。最も重要な部分と言っても過言ではありません。

ご主人とご縁ができたのは、春子様の魂が「恐怖心を克服したい!」と望んで生まれた魂だからです。※恐怖心の理由については、後ほど詳しくご説明させていただきます。

魂は、魂の弱点を克服し、より完全な魂になるためにこの世に生まれます。そのために魂は「人生の中で起きる問題に立ち向かい、それを乗り越え、成長し、弱点を克服する」という道を選びます。時には荒療治も行われるため、目を背けたくなるような現実も訪れます。

ご主人とご縁ができたのは、まさにこの荒療治の部分になります。「恐怖心」を乗り越えるにはかなりの勇気が必要で、勇気を持って乗り越えるまで荒療治は続きます。

春子様の過去世(恐怖心との繋がり)

過去世については証明できないため、基本的に鑑定ではお伝えしておりません。しかし、今回の場合、説明をした方がご納得いただけると思いますので、簡単にお話をさせていただきますね。

春子様は過去世で、絶対的な権力を持った人に支配されたまま生涯を終えています。絶対的な権力に支配され恐怖を覚え、自由のない生活をされていたようです。過去世で、恐怖心に負け何もできなかったことを反省し「次こそは恐怖に打ち克ちたい!」という課題を持って現世に誕生しています。

お写真を見ていなので不確かですが、おそらく春子様のご両親はとても真っ当な方で、愛情を持って育ててくれたと思います。ご両親の愛情を受け、育てられていた期間は、春子様の魂にとって過去世で受けた傷を回復する期間です。

過去世で受けた傷が癒える頃、大人になり、過去世でできなかった恐怖心に打ち克つ課題をすべく、ご主人と出会い結婚をしています。

ご主人の魂

ご主人の魂は、春子様の魂よりもずっと幼く、大人と赤子くらいの差があります。ご主人の魂は、愛をあまり知らない魂ですので、人を愛することも、人に愛されることもわからない魂です。その上、一人になることを極端に恐れ、なりふり構わず春子様を引き留めようとします。

愛を知らないご主人は、愛を持って春子様を繋ぎとめることができません。そのため、自分が子供の頃にされた恐怖支配で、夫婦関係を繋ぎとめることしかできません。

ことあるごとに脅してくるのは、ご主人が自分自身を守るため。暴言暴力を吐くのは、恐怖心を払拭するためで、自制心が利かなくなるほどの臆病者です。強がるのは、弱いところを見せたら潰されると思い、怖くて生きていけないからです。

ご主人とご縁ができた理由

ご主人が暴言暴力を吐くのは、常々恐怖心を抱えているからです。春子様は、過去世から引き継がれてきた恐怖心に打ち克つ課題があります。つまり、「恐怖心」というネガティブな波長でできたご縁ですので、幸せになることを目的としたご縁ではなく、互いの弱点を克服するために出来たご縁になります。

春子様は、過去世でできなかった恐怖心に打ち克ち課題をクリアする。ご主人は、愛のない生き方で身を滅ぼす経験を通じ、愛の大切さを知る課題です。このような意味があってできたご縁なので、関係を続けてもご主人は変わりませんし、明るい未来はありません。

今後どうすべきか

このような意味があってできたご縁ですので、これまで別れたいと思ったことは、数え切れないくらいあると思います。なぜなら、脅しに屈しず、恐怖に打ち克ち、別れることが目的でこの家に嫁いでいるからです。そのため、春子様が別れたくなる状況が何度も何度も繰り返しつくられてきたと思います。

結婚をしてから25年、これまで何度も別れを考えたはずですが、別れられないのは「人生をかけて取り組んでいる大きな課題だから」であり、当然の流れです。

ここへ来て病気が発覚…これは不倫の代償ではなく、命には限りがあることを意識させ「ご主人から解放されて平穏な余生を送りたい」と自覚させるため。そして病気は、課題をクリアするための後押しでもあります。もちろん、これだけの意味ではございませんが「ご主人に支配されたまま人生を終えるのは嫌だ!」と強く思っているのは確かだと思います。

今後すべきことは、人生をかけて取り組んでいる課題をクリアすることです。課題をクリアすることで、平穏な時間を取り戻し幸せがやってきます。

課題のクリアは『離婚』になりますが、その離婚をご主人は最も恐れています。そのため、離婚を阻止するために手段は選びません。自制心が利かず、常識が通用しない横柄ぶりが視えるので、一対一で離婚話を進めるのは危険です。

安全を期して、第三者の力を借りて、計画的に進めなければなりません。勇気を出して行動に移せば、守護霊らも力を貸してくれるので、思っていたよりもスムーズに離婚できるかもしれません。しかし、身の安全が第一となりますので、絶対に一対一は避けてください。

途中ゴタゴタするかもしれませんが「恐怖心に打ち克ち勇気を出して離婚をすること」が課題となっていますので、最終的には話がまとまると思います。とても勇気のいることですが、課題をクリアしたその後の人生が、春子様の本来あるべき姿になります。

課題をクリアした暁には、背中に羽がついたかのように軽くなりますので、第二の人生を華々しくスタートさせていただきたいと思います。

死ぬまで働け、馬車馬のように働けどうしてこんな言葉を言われるのか?

この言葉はまさに恐怖支配の象徴で、春子様が自分の支配下にあることをわからせるためであり「俺から逃げられると思うなよ!」という感情で発した言葉になります。

おそらく、春子様の言動に不信感を抱いて出た言葉ですが、愛で人の気持ちを掴むことができないので、こうやって脅すことでしか繋ぎとめておくことができません。「言ってだめならこうしてやる!」というように、ご主人の言動はエスカレートしていくので、表向きは合わせ、身の安全を最優先してください。

彼からは一方的なメールが来るだけで私は自分の言葉で彼に伝える事ができません。私に何かできる事はないのか?

多くの場合、気分の下がっている時に深い仲になる人は、あまりいい人物とは言えないため、もしかしたら彼の奥さんが言っていたことは本当かもしれません。仮に嘘であれば、奥さんは離婚よりも再建を選んだと思います。

彼のお写真を拝見していないので、彼がどのような人物かわかりません。そのため憶測になりますが、ご主人との生活に疲れ果てている時に、彼と出会いお付き合いをされたのだと思います。

彼が本当にいい人物であれば、彼を苦しめる形での離婚にはならないと考えるのが自然ですし、結婚をすると優しさも相手への興味も薄れるタイプの男性かもしれない…と考えるのが妥当なような気もします。

よって、今の彼の状況は、“起こるべくして起きた状況”であり、この経験を通じて人の怖さを知り、人を大切にしなければならないことを学ばれると思います。

奥さんと別れてから他の女性と付き合うのが筋ですし、奥さんの人間性を見抜けずに浮気をして制裁を受けるのは、彼の浅はかさが招いたものです。厳しいようですが、このことについて向き合う必要があるから起きた出来事です。

それを払拭するほど素晴らしいお人柄であれば別ですが、状況から考えると、彼と関わっていても幸せになれるかどうかはわかりませんので、このまま距離を置いた方がいいかもしれません。

憶測ではなく、ちゃんと彼を視るためにはお写真が必要になります。気になるようでしたら簡易鑑定でお答えできますが、彼のことは自己責任ですし、それよりもご自身の今後に目を向けていただきたいと思います。

私これからどのように生きていけばいいですか?

とても勇気のいることですが、上記でご説明をさせていただいたように、離婚をして第二の人生を歩まれることが望ましいです。

オモテになるということもありますが、課題をクリアして一人になった場合、その後の人生を支えてくれる男性とご縁ができると思います。その時こそ、本当に素晴らしい男性とご縁ができますので、彼を追いかける必要はないと思います。

とにかく『第二の人生をスタートさせるためにどうすべきか』を考え、その道のプロの力を借りるなどして、恐怖支配からの卒業ができるよう、計画的に行動していくようにしてください。身の安全を第一に考え、第三者の力を借りるようにしてください。

一日も早く、春子様が自分の人生を歩める日が訪れますように。

以上が本鑑定結果となります。
参考になりましたら幸いです。

メール鑑定結果へのご感想

門次郎さま
早急にとても丁寧な鑑定結果をいただき、ありがとうございました。正直、鑑定結果を読む事がとても怖かったです。私の下手な相談内容の文章から理解していただき感謝しています。

私の心の中にある【なぜ?】の問いにとてもわかりやすく説明いただき、又、私が話せなかった気持ちも、門次郎さまは怖いくらい、読みとっていただき、本当にそのとおりでした。本心は隠していたのに・・門次郎さまには、隠しきれませんでした。

鑑定結果を読んでいると、涙が自然に溢れてきました。この世に生まれた目的、課題そして今後の方向。門次郎さん、私にはこの課題がとても厳しいと感じました。克服することで明るい道があると知り頑張って生きていかないと・・生きる勇気を門次郎さまから教えていただきました。

この鑑定を無駄にせず前を向いていきます。門次郎さまに出逢えた事に感謝です。まだまだ、私は弱いです。つまずき、こけてしまった時にはまたご相談いたしますので、その時は、どうか支えていただきますようお願いします。

門次郎さんご夫婦を夢みて・・・
奥さまにもよろしくお伝えください。
ありがとうございました。